制服まとめ
パラアイスホッケー・熊谷選手の壮行会 飯伊7校で高校入試前期選抜
緑中クラリネットと東中アルトサクソフォーンが金賞 天龍村で梅花駅伝大会を開催
ドイツ留学生が三穂小児童と交流 百人一首激しく攻防 飯田かるた大会で熱戦
円筒校舎の魅力伝えたい 光彩放つライティング 浜井場小 入学控える園児ら祈祷 健全育成願い、雲彩寺で
浪合の魅力を知って 浪合小3年生、学習まとめた新聞を寄贈 松川高ボランティア部が追悼セレモニー
天竜ライン下りが川開き 大鹿村で歌舞伎教室の発表会
パラアイスホッケー・熊谷選手の壮行会

003kumagai

 韓国・平昌(ピョンチャン)冬季パラリンピックに出場するアイスホッケー日本代表の熊谷昌治選手(42)=高森町牛牧=の壮行会が4日、出身地の飯田市三穂地区であった。多くの住民から激励を受けた熊谷選手は「チャレンジャーとして世界に挑む」と意気込みを語った。

 三穂地区の文化祭に合わせて開かれ、熊谷選手を小中学校の同級生や住民らが拍手で迎えた。まちづくり委員会の今村嘉孝会長、代田昭久教育長らが激励。竜峡中学校時代の同級生から手作りの応援幕が披露されると笑顔を見せ、地元の子どもたちから花束が手渡されるとうれしそうに受け取った。

 パラリンピック初出場となる熊谷選手は「格上の相手ばかりだけど良い結果を残して報告できるよう頑張りたい」と決意表明した。

 ステージには背番号「96」を付けた日本代表のユニホームが飾られた。

 FWを担う日本代表では副主将を任されるなど中心的存在で、ポイントゲッターでもある。平昌出場を決めた昨年10月の最終予選では、チーム最多の4得点と2アシストの活躍だった。

 平昌パラ大会は3月9日に開幕し、6競技80種目が行われる。日本代表の結団式と壮行会は2月26日に都内で開かれる予定。アイスホッケーの代表チームは25日まで国内合宿で調整し、3月3日に韓国へ向けて発つ。

  
飯田病院陸上部が松川中で走力強化講習
岡谷市の「いじめ根絶子ども会議」まとめの会 下條図書館が貸出県内1位記念イベント
2018年12月4日付 座光寺・麻績神社春祭りに向け連日稽古
給食施設建設、町体育館駐車場に 京都・大山崎町 : 京都新聞
高2自殺で部活顧問を提訴 北海道、指導原因と両親 : 京都新聞
故小松道俊医師の原稿と絵で「童話」刊行
SUWA小型ロケット 4号機は安全対策重視
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧