制服まとめ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 70歳のスイマー 世界記録に挑戦
さらなる飛躍で東京五輪へ 八日市と飛行場にスポット 企画展「戦時下の村と陸軍飛行場」
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 いと基地に遊びにおいで!ふしぎな「いと」でつながる場
2019輝け!期待のアスリート 新春インタビュー 西田竜王町長に聞く
フリースクール生徒企画、学びの意義考える 京都で4日催し : 京都新聞
学ぶ意味について、不登校を経験した高校生と大学生が意見を交わした授業(京都市北区・立命館大)
学ぶ意味について、不登校を経験した高校生と大学生が意見を交わした授業(京都市北区・立命館大)

 不登校を経験し、京都府亀岡市内のフリースクールに通う高校生が、学びの意義について現役の高校生や大学生らと考えるフォーラムを自ら企画し、幅広い参加を呼び掛けている。生徒たちは「学校だけが学びの場ではない。多様な学び方がある」と主張、不登校を巡る社会のあり方に一石を投じようとしている。

 フリースクール「学びの森」(亀岡市南つつじケ丘)に通う高校生ら8人が1月、立命館大(京都市北区)の授業に参加し、教員を目指す大学生25人と学校に通う意義について意見交換した。

 授業では、学生たちから「学校に通うのは当然だ。疑問に思わなかった」「学校は社会に出るための練習みたいなもの。集団性や我慢強さが鍛えられる」などの意見があった。一方の生徒たちは「不登校は普通ではないという価値観は多数派の側が作っている」「学校に合わないのは本人だけの責任じゃない。学校以外の学びの場がないのは不平等だ」と疑問を投げかけた。

 教員志望の学生と不登校経験がある生徒との間で意見がかみ合わず、さらに議論を深めたいと思ったという。企画した一人、小島時駆(はるく)さん(16)は「学びって、何だろうと真剣に考える機会になった。僕たちにも学びはある」と話す。

 フォーラム「私の学び、みんなの学び」は4日午後1時半から、京都市下京区の下京青少年活動センターで開く。大人千円、大学生500円、高校生以下無料。学びの森0771(29)5588。

部員にセクハラ発言、暴力も 松山、聖カタリナ高ソフト部監督 : 京都新聞 湖東第一小学校で声かけ運動 赤レンジャイへ元気にあいさつ
まちが実り、人が集う 東近江秋まつり ネギ商品開発へ高校生が収穫体験 京都・木津川 : 京都新聞
芸能の神様・関蝉丸神社下社 多彩なアーチストが集結 バイオレッツ初戦へ闘志 総力戦で勝利狙う
ふるさとのよさ理解と発信 防火を体で学ぶ
米高校で銃撃、8人死亡 テキサス州、生徒が発砲か : 京都新聞 教員未配置、667件報告 全教調査、京都・滋賀などで : 京都新聞
昔の暮らし授業、失火相次ぐ 京都の小学校、炭使い : 京都新聞
学校放置の裁断機で男児が指切断 姫路市が慰謝料 : 京都新聞 給食釣り針混入、金属探知機すり抜ける? 京都・宇治田原 : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧