制服まとめ
浪合の魅力を知って 浪合小3年生、学習まとめた新聞を寄贈

ふるさと学習の新聞を村長に寄贈

 阿智村立浪合小学校3年生児童3人は2日、ふるさと学習の内容を新聞にまとめ、熊谷秀樹村長にプレゼントした。

 同校3年の市村明里さん(9)下山紗彩さん(同)山口仁裕君(同)の3人は、ふるさと学習で学んだ浪合の魅力をより多くの人に伝えようと、新聞にまとめて浪合の振興室や郵便局など各所に寄贈してきた。

 今回は、舞和太鼓の井上晶子さんから尹良(ゆきよし)親王の創作神楽を学び浪合神社秋祭りで奉納した様子と、浪合でトウモロコシ作りに取り組む豊田晃宏さんから学んだトウモロコシの魅力について新聞にまとめ、村や村立図書館へ寄贈した。

 3人は「北朝と戦った尹良親王やおいしいトウモロコシを知ってもらいたい」とそれぞれ自分の作った新聞を熊谷村長に手渡した。

 熊谷村長は「浪合の良さをしっかり勉強してくれてうれしい。いつまでも浪合のことを大事に思ってほしい」と感謝した。村に寄贈された新聞は村コミュニティ館に掲示している。

オープンギャラリー&カフェ 木の作品とうまいもの
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧