制服まとめ
京都・舞鶴の中2飛び降り、調査委「いじめ見過ごした」 : 京都新聞
アカデミー賞辻さん、才能の片りん 京都の高校時代 : 京都新聞 給食施設建設、町体育館駐車場に 京都・大山崎町 : 京都新聞
中3いじめ訴訟が和解 京都地裁、防止策強化を条件に : 京都新聞
京都・舞鶴の中2飛び降り、調査委「いじめ見過ごした」 : 京都新聞
女子生徒が校舎から飛び降りた問題の調査結果について説明する専門部会のメンバー(舞鶴市北吸・市役所)
女子生徒が校舎から飛び降りた問題の調査結果について説明する専門部会のメンバー(舞鶴市北吸・市役所)

 京都府舞鶴市の市立中学校で昨年6月に女子生徒が校舎から飛び降り重傷を負った問題で、調査委員会の第三者専門部会と市教育委員会は5日、同市北吸の市役所で記者会見し、調査結果を発表した。専門部会の松浦善満部会長は「過去のいじめ事件の教訓が全体に生かされていない」として、教員や学校、市教委のいじめ対策が不十分だったとした。

 松浦部会長は、女子生徒へのいじめの行為を他の生徒がアンケートなどで報告していたにもかかわらず、いじめを見つけられなかったことに対し、「見過ごしがあった。女子生徒はおとなしく、学級の他の目立つ問題に目を奪われてしまったのではないか。プロであれば見過ごさない姿勢が大切だ」と話した。

 また、「まだいじめられている側に問題があったんだと平気で言う傾向が教員の中にある」と指摘。「いじめに対する認識や人権の抑圧、言葉による暴力に対する感覚を先生や保護者も持ってほしい」と要望した。

 佐藤裕之教育長は、条例を制定しながら未設置だったいじめに関する第三者機関「市いじめから子どもを守る会議」について、今後常設する考えを示した。4月以降に専門部会の報告書を教材とした教職員向けの研修を開き、これまで市内の小中学校の多くで設置していなかった「学校いじめ防止対策委員会」を今後は月1回開催し、市教委に報告するよう求めるとした。

 調査委員会は今月中に会合を開き、市教委や学校の対策と合わせて、最終報告書をまとめる。

台本なし、小中学生がフリートーク 京都のFM局で番組放送 : 京都新聞 日本文化の活動団体、先細り 実態調査で浮き彫り : 京都新聞
関西大付属校の元教諭が提訴 「違法残業申告で解雇は無効」 : 京都新聞 森友記録廃棄を麻生氏陳謝 公明幹事長が責任論言及 : 京都新聞
京都学園大、7校と連携協定 19年度から「京都先端科学大」 : 京都新聞 政府、公文書管理で人事評価 決裁後修正は原則禁止 : 京都新聞
図書館トイレで盗撮、教諭を免職 マッサージ店でも犯行図る : 京都新聞 小学校女子トイレに男潜む 校舎4階、児童押し逃走 : 京都新聞
森友内部文書か国交省に確認要請 参院予算委員長、共産党が公表 : 京都新聞 「パチンコに」給食費688万円着服 滋賀の小学校職員 : 京都新聞
金閣学区に避難勧告 京都市 : 京都新聞 愛媛知事が加計理事長批判 記者会見「もっと早くやれた」 : 京都新聞
就業規則を変更、立命館を不起訴 京都地検 : 京都新聞 ブロック塀の鉄筋調査を要請 文科省、全国の自治体に : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧