制服まとめ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 70歳のスイマー 世界記録に挑戦
さらなる飛躍で東京五輪へ 八日市と飛行場にスポット 企画展「戦時下の村と陸軍飛行場」
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 いと基地に遊びにおいで!ふしぎな「いと」でつながる場
2019輝け!期待のアスリート 新春インタビュー 西田竜王町長に聞く
災害に備え炊き出し訓練 京都・マラソンでうどん2500食 : 京都新聞
防災セミナーで、大量調理した食事を配る城炊会の会員たち(2日、城陽市寺田・文化パルク城陽)
防災セミナーで、大量調理した食事を配る城炊会の会員たち(2日、城陽市寺田・文化パルク城陽)

 大規模災害に備え、日本赤十字社では府南部唯一の地区奉仕団である「城炊(じょうすい)会」が、炊き出しの訓練を積極的に行っている。東日本大震災から7年となる11日、訓練を兼ねて城陽マラソン大会の参加者らにうどん約2500食を提供し、防災意識の向上も呼び掛ける。

 城炊会は、1995年の阪神大震災でボランティア活動した市民ら約40人でつくる。当時は現地の避難所で中華丼などを振る舞った。その後、「自分たちのまちも、いつ被災するか分からない」と会を結成した。

 実際の炊き出しは一度に数百から数千食を手際よく作り、漏れなく配る必要がある。給食調理員の会員のノウハウを共有、市の防災訓練や催しで大量調理の技術を磨いてきた。

 2016年10月の鳥取県中部地震では、城陽市の姉妹都市・鳥取県三朝(みささ)町から発生翌日に要請を受けてすぐ現地入りし、次の日には提供した。浦畑眞一郎会長は「行ける人が限られ、現地の人にも手伝ってもらった。自助の意識が、阪神大震災時と比べ大きく変わった」と指摘する。城陽市でも、城炊会が小学校区単位の防災組織に炊き出しを指導し、今では多くの組織が自主的に行えるようになっているという。

 要請がなくても、全国で大きな災害があれば出動の準備をすることもある。浦畑会長は「南海トラフ巨大地震も予想される。もっと自治体間の連携を深めてもらいたいし、私たちの活動や存在もアピールしていきたい」と話す。

湖国の芸術功績たたえ 県政NOW 終戦70年。紛争を武力で解決しない強い意志を。
ICT教育の公開授業 伊那市3小中学校 小中生4人に1人が海外の経験 バンダイが調査、語学学校も : 京都新聞
18歳選挙権 高校で出前講座 ぬくもりメッセージ2016 優秀作品79点が決定
痴漢疑いで自衛官逮捕、警視庁 幹部学校所属、一時逃走 : 京都新聞 閉校校舎の活用広がる 京都・京丹後、部署移設や企業進出も : 京都新聞
AIが児童の喜びや怒り分析、小中学校でNECなどが実証実験  : 京都新聞
タスキでつなぐ「事故ゼロの輪」 教員採用試験で出題ミス 滋賀県教委、合否に影響なし : 京都新聞
憧れの甲子園でハツラツプレーを 書からひも解く日中文化
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧