制服まとめ
小学校2校閉校、学びやと別れ 京都・福知山 : 京都新聞
中六人部小の閉校式で校歌を歌う児童や地域住民たち(福知山市大内)
中六人部小の閉校式で校歌を歌う児童や地域住民たち(福知山市大内)

 少子化の中、4月から京都府福知山市の下六人部小(長田)に統合される中六人部小(大内)と上六人部小(三俣)で25日、閉校記念式典が開かれた。児童や住民らが、明治時代から続いた伝統の学びやへの別れを惜しんだ。

 1873年開校の中六人部小の閉校式には、児童や住民ら約250人が出席。大橋一夫市長が「統合して良かったと思われる教育を進めていく」と式辞を述べ、校歌斉唱や校旗返還が行われた。全校児童32人が「新しい学校へ行ってもみんなで力を合わせて頑張りたい」などのメッセージをリレーして発表。歴代の卒業生の集合写真を集めた記念DVDが上映された。

 5年堀このはさん(11)は「中六人部小で卒業できないのは残念だけど、新しい学校で友達をいっぱいつくりたい」と意気込んだ。

 1869年開校で全校児童34人の上六人部小の閉校式には、児童や保護者ら約450人が出席した。上・中・下六人部小学校統合協議会の井本哲夫会長(75)が「閉校はさみしいが、子どもたちを引き続き温かく見守っていきたい」とあいさつした。

沖縄の小4自殺「いじめが主因」 第三者委が答申 : 京都新聞
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧