制服まとめ
「けし太君」機動力向上で再起図る 京都・綾部の消防キャラ : 京都新聞 廃校舎利用し、地域を元気に 九州で「サミット」設立 : 京都新聞
愛知の病院勤務女性がはしかに 沖縄旅行の男性から感染か : 京都新聞 HIV感染、発症前に発見を 治療進歩、他人への感染防止 : 京都新聞
山県有朋別邸、建築史上の価値語る 京都・無鄰菴 : 京都新聞 幻の実験機器、島津製に続々帰還 学校統廃合や校舎改築で : 京都新聞
空き家リフォーム、移住へ「お試し住宅」完成 京都・舞鶴 : 京都新聞 中3自殺、「破棄」のメモ存在 神戸市教委公表、遺族は反発 : 京都新聞
社説:オスプレイ配備 住民の懸念受け止めよ : 京都新聞 公立中学の部活動に地元企業参加 静岡、人材派遣しサポート : 京都新聞
大規模施設1700棟、倒壊恐れ 耐震診断、震度6強以上で : 京都新聞 ヘイトスピーチに名誉毀損罪初適用 在特会元幹部を在宅起訴 : 京都新聞
「けし太君」機動力向上で再起図る 京都・綾部の消防キャラ : 京都新聞
消防出初式で子どもたちに駆け寄る新型けし太君(綾部市西町・西町アイタウン)
消防出初式で子どもたちに駆け寄る新型けし太君(綾部市西町・西町アイタウン)

 京都府綾部市消防本部のマスコットキャラクター「けし太君」がリニューアルした。旧型よりも動きやすくなり、子どもたちとスキンシップが可能に。課題の知名度アップに向け、生まれ変わって再起を図っている。

 けし太君は市の鳥イカルをモチーフに署員がデザインし、2001年に誕生した。しかし、知名度では、市のマスコットキャラ「まゆピー」に水を開けられており、催しで子どもに名前を呼んでもらえないこともあった。

 新型のけし太君は、視界が狭く短足なために歩行が難しかった旧型の欠点を解消。軽量化した上で足を延長し、機動力をアップした。服装の防火服も現在の消防隊員が使っている服のデザインに近づけた。

 デビューとなった1月の消防出初式では、沿道の子どもたちに駆け寄って手を振り、同席したライバルまゆピーに負けないかわいらしさをアピール。今後も29日の「あやべ丹の国まつり」など市内のさまざまなイベントに登場する予定で、市消防本部は「保育園や小学校にもできるだけ出掛けさせたい」と話している。

教頭自殺、大阪の運営法人を提訴 「長時間労働やいじめ」 : 京都新聞 京都・福知山市の給食停止 設備浸水し衛生面考慮 : 京都新聞
元教え子に性的行為、中学講師を免職 「恋愛感情に変わった」 : 京都新聞 わいせつ疑い早実講師逮捕 「かわいかった」女性の後つけ胸触る : 京都新聞
地域住民が答案に丸付けも 学校運営に協力、教員負担減へ : 京都新聞 文科省幹部「疑念におわび」 野党合同会合で : 京都新聞
左京・岩倉北、明徳に避難指示 京都市 : 京都新聞 みそ汁手に社会派映画を 京都のバーが自主上映会 : 京都新聞
復興へ決意新た、九州北部豪雨 追悼、首長が防災力向上表明 : 京都新聞 審判殴打容疑で留学生書類送検 自主退学し帰国 : 京都新聞
いじめ認定の報告書全文を公開 中1死亡、遺族了承で青梅市教委 : 京都新聞 左京・岩倉南、東山・今熊野に避難指示 京都市 : 京都新聞
日仏の児童、反戦願い「キッズゲルニカ」 京都市内で展示 : 京都新聞 日本にいながら英語漬け 都、小中高生らに体験施設 : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧