制服まとめ
平成30年度交通少年団入団式

=分団長ら82人に委嘱状 交通安全見守るリーダーに=

五個荘交通少年団推進委員会から委嘱状と団旗を受け取る新団長の仲宗根さん(左)と副団長の猪田さん

 【東近江】 東近江市立五個荘小学校の登校分団長などで構成される「五個荘交通少年団」の入団式がこのほど、同校で開かれ、新しく入団した児童82人が登校時の交通ルールなどを再確認した。
 同入団式は、児童の登下校中の交通事故防止と、交通安全意識の高揚を目的に、東近江商工会五個荘支部の五個荘交通少年団推進委員会が実施しているもので、1979年から毎年引き継がれている。
 全団員を前に外村光市委員長は、「みなさんは登下校中の交通安全リーダーです。新1年生などの小さな子を危険から守り安全に登下校してもらうためにはなくてはならない存在です。これから一年間正しく交通ルールを守り、安全確認を徹底して楽しい学校生活を送ってください」とリーダーとしての自覚を促した。
 新団長の仲宗根颯汰さん(11)と副団長の猪田翔太さん(11)に委嘱状と団旗が手渡され、交通ルールを呼びかける「誓いのことば」を団員全員で唱和した。
 式後、東近江警察署員から正しい交通旗の使い方や道路横断時の
注意点が伝えられ、仲宗根さんは「団長としてみんなが安全に通学できるようがんばります」と語り、猪田さんは「小さな子が飛び出さないようにリーダーとして見守ります」と気を引き締めた。


宜野湾市議会「安全軽視」と抗議 相次ぐ米軍トラブルに : 京都新聞
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧