制服まとめ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 70歳のスイマー 世界記録に挑戦
さらなる飛躍で東京五輪へ 八日市と飛行場にスポット 企画展「戦時下の村と陸軍飛行場」
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 いと基地に遊びにおいで!ふしぎな「いと」でつながる場
2019輝け!期待のアスリート 新春インタビュー 西田竜王町長に聞く
佐川氏、決裁文書改ざん不起訴へ 財務省側背任容疑も困難か : 京都新聞
 大阪地検が入る大阪中之島合同庁舎=4月、大阪市
 大阪地検が入る大阪中之島合同庁舎=4月、大阪市

 学校法人「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書改ざんで、大阪地検特捜部が虚偽公文書作成容疑で告発された佐川宣寿前国税庁長官らを不起訴とする方針を固めたことが18日、関係者への取材で分かった。売却価格が8億円余り値引きされた問題の背任容疑についても、財務省近畿財務局担当者らの立件を見送る方向で最高検と協議している。

 不起訴の場合、告発した市民団体などは検察審査会に審査を申し立てるとみられる。

 改ざんは昨年2月下旬~4月、決裁文書14件で行われた。安倍昭恵首相夫人や複数の政治家についての記述、土地取引を巡る「本件の特殊性」といった文言が削除された。

男子・女子がアベック出場 蒲生バレースポーツ少年団が県大会へ 20日は学校へ園へ 地域ふれあいDAY
女子児童にブリッジさせ写真撮影 教諭を免職、わいせつと認定 : 京都新聞 祝新成人東近江大凧「慶祝」完成
高校の生物室に50年前の頭蓋骨 鹿児島、経緯不明 : 京都新聞 ソフト部顧問が体罰、不登校に 京都産大付属高 : 京都新聞
「伏見工」最後の卒業生が研究発表 京都、思い出の校舎で : 京都新聞 滋賀大学と竜王町 包括連携協定結ぶ
どちらが大事?子どもの命か、巨大体育館か
児童160人孤立、市教委「反省」 京都、全員無事に帰宅 : 京都新聞 危険性を知って正しく使おう
中学教諭が繰り返し体罰、3人不登校に 柔道部や担任クラスで : 京都新聞 末寺の4割、年収3百万円未満 2宗派調査、厳しさ浮き彫り : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧