制服まとめ
人形浄瑠璃をライブ中継 飯田女子高人形劇クラブ 900人が駆け抜ける 阿南町新野で千石平ロードレース大会 
合唱から楽器演奏まで多彩に 高校連合音楽会 飯田署が可搬式オービス初運用
緑中技術部がエコカーで大会に挑戦 梅雨の晴れ間に熱く 下伊那中学総体が開幕
「進路選択肢の一つに」 地元企業30社、OIDE長姫で展示説明会 松尾で水中生物つかまえよう
泰阜村長選で横前氏が出馬表明 熊の目撃情報受け熊よけ鈴配布
子どもも懸命タックル ラグビーフェス盛大に 売木村で「Uフェス2018」 7月21日 竜馬さんと子どもたちがコラボ
人形浄瑠璃をライブ中継 飯田女子高人形劇クラブ

人形浄瑠璃の舞台をネット配信(飯田女子高で)

 8月に県内で開催される第42回全国高等学校総合文化祭(2018信州総文祭)の取り組みとして28日、飯田女子高校人形劇クラブ(菅沼茜里部長、9人)による黒田人形浄瑠璃のライブ中継を、飯田市上郷飯沼の同校で行った。長野市で開かれた実行委員会の会場へネット配信した。

 総文祭の産業(商業)部門によるICT(情報通信技術)を活用した情報発信プロジェクトの一環。県内各地で行われる大会の様子を公式ホームページ上でライブ中継する予定で、この日は同校で行われる人形劇部門のPRとあわせて、大会当日のリハーサルを行った。

 同クラブは2年前から、黒田人形保存会から週1回指導を受けながら人形浄瑠璃を学んでいる。この日は、総文祭で上演する予定の「傾城阿波の鳴門巡礼歌の段」の一部を発表。同保存会や、飯田高校生徒による三味線演奏の協力を受けながら約5分間、日頃の活動の様子を披露した。

 中継用機器の設営・操作は、商業部門を受け持つ県長野商業高校(長野市)の生徒2人と教諭が担当。長野市の県庁で開かれた実行委員会の会場へネット配信した。

 また実行委員の飯田高校2年、今村隼士さん(17)が中継レポーターを務め、クラブへのインタビューを行った。

 菅沼部長(17)は「3月に初めて発表した時はクラブ員が3人しかいなくて、準備や上演が大変だった。いまは新しい人が入り、なかなかタイミングを合わせて演じるのが難しいので、合わせられるように頑張って練習したい」と語った。

 今村さんは「いいだ人形劇フェスタのスタッフをやったことがあるが、飯田に住んでいてもこういう伝統芸能をあまり知らなかった。一生懸命参加している人たちに失礼のないようPRして、総文祭を盛り上げたい」と話していた。

 総文祭は8月7~11日、県内17市町で開催。規定部門と、県独自の協賛部門あわせて25部門が設けられる。全国から2万人の高校生が参加し、日頃の文化芸術活動の発表や競技、交流を行う。

 飯田市では9日、協賛部門の人形劇を開催。女子高のほか徳島県立徳島中央高が参加し、上演発表や交流を行う予定だ。

  
中3いじめ訴訟が和解 京都地裁、防止策強化を条件に : 京都新聞 リニア注目「参加したい」 下條中で未来を語る会開く
飯伊の小中学校で始業式 下久堅小「自分からあいさつを」
妊娠後に高校勧告で32人退学 文科省、配慮求める : 京都新聞 学校給食で地産地消 長谷中で初のシンポ
大鹿小6年生が書いた文字が銘板に
秋の遠足一緒に 玉川小と茅野高初の連携授業
玉ネギや栗でシルク染め講座 岡谷蚕糸博物館
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧