制服まとめ
音楽を楽しむアウトリーチ プロの音楽家が出前授業

=能登川西小4年生が体感=

児童の間近で生演奏する東近江市出身の音楽家・田中祐美さんら女性ユニット「レーヴ・パピヨン」

 【東近江】 プロの音楽家が直接小学校に出向く音楽の授業「音楽を楽しむアウトリーチ事業」が13日、能登川西小学校(東近江市伊庭町)で開かれた。
 感受性が多感な時期の児童たちに、本物の音楽を体感してもらおうと市立八日市文化芸術会館が小学4年生を対象に毎年開いている。アウトリーチはホール以外でも音楽を楽しんでもらう「外に手を伸ばす」という意味が込められ、今年は同校を含めた市内4校で開催。オーボエ演奏者で東近江市出身の田中祐美さんら女性3人組のユニット「レーヴ・パピヨン」が講師となり、生の演奏を児童に届けた。
 音楽室内にはオーボエ、ヴァイオリン、ピアノが繰り出す優雅で軽快な演奏が響き、音の出し方が異なるそれぞれの楽器の特徴が紹介されたほか、子どもたちにも馴染み深い世界各国を代表する曲の演奏で、国によって違う音楽の特性も学んだ。
 児童たちは手拍子で参加したり、知っている曲はいっしょに口ずさんだりと貴重な時間を楽しんだ。


学校周辺、歩いてヘリから眺めよう 京都の高校生がツアー企画 : 京都新聞
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧