制服まとめ
熊の目撃情報受け熊よけ鈴配布 子どもも懸命タックル ラグビーフェス盛大に
売木村で「Uフェス2018」 7月21日 竜馬さんと子どもたちがコラボ OIDE長姫原動機部 4大会連続で2冠の快挙 高校エコカーレース大会
飯伊のブロック塀、4校4カ所倒壊の恐れ いずれも撤去改修方針 下伊那農業高校が発表会3部門で最優秀
今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日 「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年
人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん 南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日
春草の「鎌倉時代闘牛の図」が市有形文化財に 学生時代に制作 青空にロケット打ち上げ 松尾小で出張科学教室
熊の目撃情報受け熊よけ鈴配布

ランドセルから熊よけ鈴をぶら下げて下校する下條小の児童たち(20日午後3時すぎ)

 6月に入り、熊の目撃情報が相次いでいる下條村で19日から、地元小学生が「熊よけ鈴」をランドセルにぶら下げて登下校を始めた。村教育委員会が安全面を考慮し、下條小学校全校児童の約200人に配布した。時間になると「カランカラン」のかん高い鈴の音色が響き渡る。

 村によると、今月4日午後4時ごろ、同村陽皐休戸地籍に親熊1頭の目撃情報が寄せられ、小中学校は保護者らに安心メールで送り迎えを指示した。

 村内の中心部を通る国道151号に近かったため、村は急きょ、熊に自分の存在を知らせるための熊よけ鈴の購入を決定。費用11万円余を本年度一般会計補正予算案に盛り込み、村議会6月定例会で可決された。

 その後、村教育委が児童の人数分の鈴を購入。18日午後5時半ごろ、新たに同村陽皐上野原地籍で親子2頭の熊を見掛けたと同村振興課有害鳥獣担当に通報があり、19日までに学校に鈴を届けた。

 児童たちは20日も鈴を身に付け、複数人でまとまって下校した。教委によると、熊の目撃情報はそれ以降なく、これまでに人的被害や農作物の被害も出ていない。

 串原良彦教育長は「ここまで人家に近い場所で目撃されることは珍しい」とし、「鈴があれば絶対大丈夫というわけではない。各家庭でも協力して注意を呼び掛けてもらいたい」と話した。

 

  
インドネシア学生と異文化交流 伊那北高
松川北小がコイのつかみ取り 学校田に放流
小学校トイレで児童盗撮、講師を免職 「性欲満たすため」 : 京都新聞 諏訪地方の「花」知って 下諏訪北小で花育
飯田で学校給食フェア~
干し柿の販売が好調 泰阜村ヌーベルファーム 加工施設で生産本格化 原村ペンションビレッジに新風 開店準備進む
子どもも懸命タックル ラグビーフェス盛大に アユモドキ大切に育てるよ 大津の小学校、琵琶湖へ放流目指す : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧