制服まとめ
5家族が入学や転校検討 小規模特認校の上村小で学校見学会 豊丘中学校でみらい塾を開講
伊賀良小学校でリンゴの収穫祭開く 竜丘小学校でラーメン大会開く
売木小学校の田んぼスケートリンク 部活の延長としての社会体育廃止 中学校運動系で方針案 飯田市教委
小学校と一緒に学ぶ「浪合学校」の取り組み 美博で子ども美術学校展を開催中
根羽村が新たな義務教育学校導入へ 鼎小学校で火災発生 児童用トイレから出火 全員の無事確認
松川町3小中学校でコスタリカ料理給食 2018年09月19日付
5家族が入学や転校検討 小規模特認校の上村小で学校見学会

元気よく歌声を披露する上村小の児童たち

 本年度から学区に関係なく通学できる「小規模特認校」になった上村小学校で1日、学校見学会と説明会が開かれた。同小の教育活動に関心がある5家族が参加して、複式学級を含む授業参観や同小児童たちによるアトラクションを見学。入学、転校する際の手続きの説明も受けた。

 飯田市教育委員会は、児童数が減少する今後の上村小の入学者数と児童数の推移を踏まえ、市として初めて小規模特認校の指定を行った。

 市内全域から通学できる制度で、4月から全校児童9人のうち、1年生と4年生の2人が特認校制度を使い、スクールバスで片道約50分かけて地区外から通学している。

 この日の見学説明会には5家族から事前申し込みがあり、子どもは計10人。うち来年度入学や転校の対象は7人だった。

 3・4年生と5・6年生の複式学級を含む授業参観を見学したほか、同小が力を入れる音楽活動の成果発表を聞いた。全校児童9人がリズムをとりながら大きな声で元気よく歌い上げる姿に、参加者らも拍手を送った。

 4月から特認校制度を活用して同小に通う児童の保護者は「ストレスが軽減されていて、明るく積極的になった」と報告。別の保護者は距離の遠さをデメリットに掲げる一方、「分からないところをしっかり教えてくれると、子どもも喜んでいる」と振り返った。

 見学会参加者からは「参観日や運動会などの学校行事で年間何回ほど学校に訪れる機会があるか」や、全校活動、他校との交流活動についての質問があった。入学転校を検討する保護者の1人は「合唱を聞いて表現力がすごいと感じた。個性をとても大事にしている」と話した。

 代田昭久教育長は、指定から3カ月余が経過した同制度について「完成形ではないが順調に進んでいる」とし、「一人一人に責任や役割があり、保護者も作り手にならざるを得ない。よりよい学校づくりに参画してもらいたい」と呼び掛けた。

  
中川の木材をまきに活用 木の駅事業 水生昆虫を15年調査 富士見町の茅野さん
「自分信じて」とつんく♂ アニメ専門学校入学式で : 京都新聞 「ヘイトに毅然と対応」地検判断を評価 朝鮮学校側弁護団 : 京都新聞
農水文書、備忘録の県職員が作成 愛媛県知事が明らかに : 京都新聞
伊那の森と人との関わり考える 来月イベント
学んだリンゴ学習 東春近小4年が感謝の会
小学校教諭、通勤時にスカートのぞき 容疑で逮捕「5年前から」 : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧