制服まとめ
「鳰の会」を講師に児童が俳句づくり 31日まで 廣島愛川書作展
「ぬくもりメッセージ」入賞作品決定 児童らが地元を取材 たくさんある文化知って!
若手技能者が入賞を報告 旧愛知郡役所「ゆめまちテラスえち」
青空にふわり 小幡人形を市に寄贈 願う文化伝承と発展
県内公立小中学校と高校 夏休み段階的に延長 高校生手作り、分校の「米こうじ」仕込みピーク : 京都新聞
児童施設から脱走後、15歳少女自殺 県、慰謝料訴訟で争う姿勢 : 京都新聞 陰陽師気分で京都の謎解き 番組小創設150年でスマホゲーム : 京都新聞
豊丘中学校でみらい塾を開講

豊丘みらい塾の開講式

 豊丘村教育委員会は4日、豊丘中学校の3年生を対象にした「豊丘みらい塾」を開講した。3年生の学力定着を狙い、元教諭ら6人が支援スタッフとなって学習指導に当たる。希望した生徒たちは来年2月にかけ、毎週水曜の放課後の1時間を利用して学習を深める。

 村教委は昨年度に公設学習塾を開設し、2年目の取り組み。教科は昨年度と同じ数学、英語、理科。本年度は3年生62人のうち43人が受講を希望した。

 この日の開講式で、昼神毅教育長が激励の言葉。生徒を代表し井原日寿君は「分からないところは積極的に聞き、進路実現につなげたい」と語った。

 開講式後は各教室に分かれ、今後の進め方を確認。高校入試に向けて、支援スタッフは「主体的に考えて苦手分野を克服して」と呼び掛けていた。生徒たちは早速テキストを開いて問題を解き、分からないところがあると積極的に聞く生徒の姿も見られた。

 授業の復習を中心にした内容になる。3教科のうち理科は基礎と応用の2コースを設けた。来年2月27日までの計25回開く。

  
八日市文化芸術会館であすから「野口謙蔵展」 熱中症予防、水分補給、食事、睡眠に尽きる 医師に聞く : 京都新聞
大津市、公共施設更新に3199億円 前回試算より800億円増 : 京都新聞 下農高で農業クラブが校内発表会
平和と命の尊さ考える「青い目の人形」シンポ 緑ケ丘中3年生が福祉体験学習
チョークで犬のふん警告、全国に 京都・宇治発祥、放置激減 : 京都新聞 授業料や証明書発行の手数料など減免 豪雨被災で京都府 : 京都新聞
根羽村の消防クラブが火災予防呼び掛け トップアスリートが育つ
福を呼ぶ「此田神楽」巡回 小中学生も初参加 飯田市南信濃 飯田東中 支援先の陸前高田市米崎中校長来校
市民や地域の芸術の祭典 花いっぱいの玄関口に フラ輪ープロジェクト
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧