制服まとめ
交通寸断で観光客まばら、生活も影響 京都府北部大雨 : 京都新聞
大雨による運休を知らせる掲示板が並ぶJR福知山駅(福知山市駅前町)
大雨による運休を知らせる掲示板が並ぶJR福知山駅(福知山市駅前町)

 京都府北部では6日も梅雨前線の影響で雨が降り続いた。都市部とつながる道路の通行止めや鉄道の全面運休で交通は大きく混乱し、企業活動や市民生活に影響が出た。週末にかけて各地で予定されていたイベントで中止の発表が相次いだ。

■道路

 府北部と京阪神を結ぶ大動脈の道路が相次いで寸断された。京都縦貫道の丹波インターチェンジ(IC)以南や、舞鶴若狭道の南丹篠山口IC以南、国道9号老ノ坂(京都市-亀岡市間)でそれぞれ通行止めとなった。

 道路網の混乱により、物流や小売店などにも影響が出た。舞鶴市南浜町のショッピングセンター「らぽーる」では、大阪府内の物流センターから生鮮食品や日用品などが届かないという。担当者は「スナック菓子などは在庫があるが、通行止めが続けば商品が足りなくなる恐れがある」と心配する。

 福知山公設地方卸売市場では、京都や滋賀から入荷する野菜の到着の遅れが相次ぎ、「運送を若狭経由に切り替えるなどしているが、入荷状況は厳しい」(青果卸業者)。運送業では、都市部との間を行き来するトラックの運行に支障が生じており、「大阪に行く便が下道で渋滞に巻き込まれて動けない」(日通福知山支店)という。

 高速バスは、福知山・舞鶴発着の京都、大阪、神戸行きと、宮津・京丹後発着の京都、大阪行きがいずれも終日運休となった。

 国道と府道では、規定雨量の超過や倒木などにより、綾部以北で計16カ所が通行止めとなった。

■鉄道・バス

 JRの山陰線、舞鶴線、福知山線と、京都丹後鉄道の全線で始発から列車の運行を見合わせた。

 普段は観光客でにぎわう宮津市の天橋立も、この日の客足は少なめ。天橋立駅には列車の終日運休を知らせるボードが置かれ、観光協会の職員らが外国人観光客らの対応に追われた。駅前の飲食・土産物販売店の店員小田守美惠さん(46)は「昼すぎに外国人の団体20人ほどが来店したぐらいで、今日は早めに店を閉める。雨はしょうがないが明日以降も期待できない。様子を見ながら営業したい」と話した。

 京都丹後鉄道の四所―東雲間の打越山トンネル(舞鶴市下東)付近で幅20メートル、高さ30メートルにわたって斜面が崩落し、土砂や倒木が線路を覆った。復旧には時間がかかるという。

 7日は、JR舞鶴線と山陰線の綾部-福知山間で、始発から普通列車の運行を予定しているが、山陰線の綾部以南と福知山以西、福知山線、北近畿を走る全ての特急列車は運転再開のめどが立っていない。京都丹後鉄道は全線で運休する。

■中止・延期

 京丹後市と宮津市で6日に予定されていた、2020年の東京五輪・パラリンピックの五輪旗とパラリンピック旗の引き継ぎ式と展示が延期になった。道路の通行止めによって旗が運搬できなくなったためで、府は「主催団体と今後の日程などを検討したい」としている。

 福知山市では、7日に3商店街で予定していた土曜夜店や、福知山城公園の「水辺で乾杯2018」、大江町総合会館の市青少年健全育成大会などが延期・中止に。綾部市では、「サクラフリーマーケット」「七夕の集い」(7日)が中止、「ジェリービーンズ七夕講演ライブ」(7日)と「綾むすび館開所式」(8日)が延期になった。

 舞鶴市では、7日に舞鶴港前島埠頭(ふとう)(同市浜)で予定されていた練習帆船「みらいへ」の一般公開と体験航海が8日に変更。京丹後市久美浜町の豪商稲葉本家「七夕コンサート」(7日)が14日に延期。与謝野町では出雲大社巌分祠の「七夕祭」(7日)が8月17日午後に延期する。

■雨 量

 24時間の降水量は、舞鶴で159ミリ、福知山で158ミリを計測、7月としては観測史上最大を記録した。

 学校は、府北部の小中学校が全て休校になった。福知山市では、広域避難所5カ所に15世帯22人(午後5時現在)が避難した。

豪雨避難所変更周知不足で批判 京都市「本庁も知らなかった」  : 京都新聞
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧