制服まとめ
北米の音楽関係者が福島へ 子どもたちの伝統舞踊鑑賞 : 京都新聞
 福島県飯舘村の村立小中学校で田植踊りを鑑賞する北米の音楽関係者ら=9日午後
 福島県飯舘村の村立小中学校で田植踊りを鑑賞する北米の音楽関係者ら=9日午後

 米国とカナダの音楽ジャーナリストや作曲家が9日、東京電力福島第1原発事故で一時全村避難となった福島県飯舘村の村立小中学校を訪れ、子どもたちによる村民歌や伝統芸能の田植踊りなどを鑑賞した。子どもたちの元気な様子を見て福島が安心だと世界に発信してほしいと、地元の音楽関係者らが招待した。

 田植踊りは、村の文化や歴史を忘れないようにと原発事故後に中学校の授業に取り入れられている。

 今回の催しを企画したNPO「ミュージック・フロム・ジャパン」の三浦尚之理事長によると、米国では今も多くの人が福島に原発事故のイメージを持っているといい「認識を変えたい」と語った。

東中生と下農生 りんご並木に花苗4000株
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧