制服まとめ
根羽村が新たな義務教育学校導入へ 危険なため池 ハザードマップ、県内3割のみ
地元の特産品を知る はちまんいっぱい汁 来月アイスキャンドル 城南小1年生が制作
茅野市台湾交流事業 新たに1校と姉妹校提携 松川町3小中学校でコスタリカ料理給食
転職希望者もOK!2月17日 合同就職面接会 「鳰の会」を講師に児童が俳句づくり
学校給食で利用拡大 酪農家のおもてなし牛乳 半世紀の足跡を俳画集に 小口俶さん刊行
音楽コンク日本一 箕輪中部小と箕輪中 ツリーハウスをCFで 飯島中1年1組が挑戦
水辺の環境身近に 下諏訪で諏訪湖クリーン祭

諏訪湖に稚エビを放流する子どもたち 諏訪湖に親しみ、浄化をアピールする「諏訪湖クリーン祭」が11日、下諏訪町の赤砂崎公園であった。関係団体でつくる町諏訪湖浄化推進連絡協議会(略称・湖浄連)の主催で、37回目。各種展示や体験、イベントを通じて水辺の環境を身近にした。 展示は諏訪湖の自然環境や生き物、ごみ減量化に関わる内容が中心。NPO法人天竜川ゆめ会議(駒ケ根市)は湖や河川に関する知識を競うクイズを配布し、町立図書館は環境に関する本を展示した。各コーナーを楽しみながら回るスタンプラリーのほか、体験では稚エビの放流や諏訪湖ロータリークラブによる遊覧船の湖上観察会があった。 放流した稚エビは、県水産試験場諏訪支場が諏訪湖のエビから産卵させて育てたヌカエビ3000匹、スジエビ2000匹の計5000匹。子どもたちがバケツに分けて湖岸から放流した。体長1~4センチの小さな命に、下諏訪北小学校4年の代田直斗君(10)は「諏訪湖で元気に大きくなってほしい」と願っていた。
教育民泊受け入れで台湾訪問 京都・美山観光協 : 京都新聞 変質者・不審者の出没減少 官民の取り組みが奏功
同世代で異文化交流 絵本に潜むジェンダー観、変遷を解説 京都で講演会 : 京都新聞
確認団体にして公認求める声も あすの午前と午後 子どもフェスティバル
(仮称)蒲生学校給食センター起工 来年4月から19園校に配膳 戦後70年 資料で回顧 平和が奪われた日常
部活の熱中症防げ、グラウンドに水風呂 食事や睡眠チェックも : 京都新聞 蒲生地区のひだまり部会“炊き出しかまど”
県はブラック企業か??県事務所で相次ぐ違法な時間外労働
西堀榮三郎記念室サイエンスカフェ 軍都・大津を紹介 企画展「戦争と市民」
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧