制服まとめ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 70歳のスイマー 世界記録に挑戦
さらなる飛躍で東京五輪へ 八日市と飛行場にスポット 企画展「戦時下の村と陸軍飛行場」
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 いと基地に遊びにおいで!ふしぎな「いと」でつながる場
2019輝け!期待のアスリート 新春インタビュー 西田竜王町長に聞く
コラム凡語:沖縄戦 : 京都新聞

 この夏、話題を集める一本の記録映画を見た。太平洋戦争末期、日本で最大規模の地上戦が行われた沖縄戦の裏面史に迫る「沖縄スパイ戦史」だ▼民間人を含む20万人以上が犠牲になった沖縄戦は、1945年6月23日に組織的戦闘が終わる。だが、北部では10代半ばの少年を中心にした過酷な遊撃戦が続いていたことを映画は教える▼少年たちの部隊は秘密戦教育の特務機関、陸軍中野学校出身の青年将校によって村ごとに組織され、「護郷隊」と呼ばれた。正規部隊に編入された学徒の少年兵部隊「鉄血勤皇隊」とは別の組織である▼そのゲリラ戦で戦車への特攻など絶望的な戦いに挑み、約160人が戦死した実相が元少年兵らの証言であぶりだされる。精神に異常をきたすなど足手まといになった者は、命令で幼なじみの手で射殺されたという▼情報が敵に漏れないように住民をマラリアのはびこる島へ強制移住させる、住民同士を監視させて密告させる組織をつくる、さらにスパイ・リストに基づく住民虐殺…。映画が伝えるのは、軍が住民を手駒のように使い、本土決戦に向けた「捨て石」とした沖縄戦のやりきれない闇の深さだ▼軍隊は本当に住民を守る存在なのか。監督した三上智恵さんと大矢英代さんの問いは、今も続く沖縄の問いでもあろう。

京都府内の損壊家屋、313棟に 大阪北部地震 : 京都新聞 竜王町の2小学校に クライミングウォール設置
弁護士懲戒、請求者に賠償命令 「人種差別」訴え勝訴 : 京都新聞
皇太子さまが山形入り 園芸実習の高校生と交流 : 京都新聞 文科省職員「同席覚えない」 加計問題、出向中で把握できず : 京都新聞
宜野湾市長「普天間早期返還を」 視察の沖北相に要請 : 京都新聞 地球温暖化防止を楽しく学ぼう 淡海環境保全財団が教材集発行
学校給食の煮物にビニール片混入 京都・宮津、ラップの一部か : 京都新聞
息子に包丁投げつけた疑い、静岡 腕にけが、30代母逮捕 : 京都新聞
宝塚音楽学校で晴れの入学式 難関くぐり抜けた40人 : 京都新聞 廃校舎利用し、地域を元気に 九州で「サミット」設立 : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧