制服まとめ
根羽村が新たな義務教育学校導入へ 危険なため池 ハザードマップ、県内3割のみ
地元の特産品を知る はちまんいっぱい汁 来月アイスキャンドル 城南小1年生が制作
茅野市台湾交流事業 新たに1校と姉妹校提携 松川町3小中学校でコスタリカ料理給食
転職希望者もOK!2月17日 合同就職面接会 「鳰の会」を講師に児童が俳句づくり
学校給食で利用拡大 酪農家のおもてなし牛乳 半世紀の足跡を俳画集に 小口俶さん刊行
音楽コンク日本一 箕輪中部小と箕輪中 ツリーハウスをCFで 飯島中1年1組が挑戦
信州花フェスタ グリーンシェアスポット募集

来年4月25日~6月16日に中信地方で開かれる第36回全国都市緑化信州フェア「信州花フェスタ2019」の実行委員会は、県内各地の花や緑を楽しむことができる場所や行事を「信州グリーンシェアスポット」として募集し、インターネットの公式サイトで紹介している。実行委員会では「会場の中信だけでなく、全県で花フェスタを盛り上げてほしい」としている。 全国都市緑化フェアは、「緑がもたらす快適で豊かな暮らしがある街づくりを進める」と国土交通省が提唱し、1983年から毎年全国各地で開催されている花と緑の祭典。長野県での開催は初めてで、県や都市緑化機構、関係市が実行委員会をつくって準備している。 長野県では「信州花フェスタ2019」と銘打ち、松本平広域公園(松本市)をメーン会場、アルプスあづみの公園(安曇野市、大町市、北安曇郡松川村)と烏川渓谷緑地(安曇野市)をサブ会場として花で彩る。園芸の専門家が腕を振るうショーガーデンや講習会などのイベントを催す。 実行委が募集している「信州グリーンシェアスポット」には現在、公園や道路、商業施設、美術館など50カ所以上が登録されている。上伊那地方では箕輪町の赤そばの里や南箕輪村の信州大芝高原など、諏訪地域では茅野駅東口フラワーガーデンや原村の八ケ岳美術館などが紹介されている。 信州花フェスタを全県的な取り組みとするため、開催中は県内各地の小学校花壇の写真展や、市町村の観光や物産をPRする場も計画している。実行委員会では「花卉の生産が盛んな南信でも興味を持ってほしい」と参加を呼び掛けている。
公開討論会 「2019滋賀県民手帳」が発売中
幼稚園に薬剤師不在60年? 京都・福知山市、義務知らず : 京都新聞 最優秀賞に 西川さん親子
佐川氏の衆院証人喚問・詳報 : 京都新聞 NHK、図書カード生徒名を放送 司書らが配慮要望 : 京都新聞
高専プロコンで技術競う 三重、香川、宮城各校受賞 : 京都新聞 身近な地方自治 議会の仕組みと役割
甲賀市長選出馬の岩永裕貴氏インタビュー 批判増幅の責任、日大理事長に アメフット最終報告 : 京都新聞
国が学童保育30万人分を拡大へ 23年度までに、新プラン : 京都新聞
【寄稿】竜王町長 西田 秀治 参加者募集 進路フェア
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧