制服まとめ
信州花フェスタ グリーンシェアスポット募集

来年4月25日~6月16日に中信地方で開かれる第36回全国都市緑化信州フェア「信州花フェスタ2019」の実行委員会は、県内各地の花や緑を楽しむことができる場所や行事を「信州グリーンシェアスポット」として募集し、インターネットの公式サイトで紹介している。実行委員会では「会場の中信だけでなく、全県で花フェスタを盛り上げてほしい」としている。

全国都市緑化フェアは、「緑がもたらす快適で豊かな暮らしがある街づくりを進める」と国土交通省が提唱し、1983年から毎年全国各地で開催されている花と緑の祭典。長野県での開催は初めてで、県や都市緑化機構、関係市が実行委員会をつくって準備している。

長野県では「信州花フェスタ2019」と銘打ち、松本平広域公園(松本市)をメーン会場、アルプスあづみの公園(安曇野市、大町市、北安曇郡松川村)と烏川渓谷緑地(安曇野市)をサブ会場として花で彩る。園芸の専門家が腕を振るうショーガーデンや講習会などのイベントを催す。

実行委が募集している「信州グリーンシェアスポット」には現在、公園や道路、商業施設、美術館など50カ所以上が登録されている。上伊那地方では箕輪町の赤そばの里や南箕輪村の信州大芝高原など、諏訪地域では茅野駅東口フラワーガーデンや原村の八ケ岳美術館などが紹介されている。

信州花フェスタを全県的な取り組みとするため、開催中は県内各地の小学校花壇の写真展や、市町村の観光や物産をPRする場も計画している。実行委員会では「花卉の生産が盛んな南信でも興味を持ってほしい」と参加を呼び掛けている。