制服まとめ
埼玉の傷害致死、再審請求 「車にひかれた」と主張 : 京都新聞 文科省、通学時持ち物負担軽減を ランドセル重く、通知へ : 京都新聞
京都市立全小中高校と幼稚園で4日休校 台風21号接近で : 京都新聞 07年度以降、法定点検対象外か 女児死亡ブロック塀事故 : 京都新聞
奨学金手続き怠り、1500人分診断書紛失 三重県主幹を停職 : 京都新聞 京都市立全保育所も朝から休止 台風21号、警報解除なら再開 : 京都新聞
全災害拠点病院に医師待機を要請 京都府、台風21号警戒 : 京都新聞 京都の高島屋、大丸、伊勢丹は全館休業 台風21号接近で : 京都新聞
台風で鉄道「予告運休」利用者から賛否も、専門家はこう見る : 京都新聞 非常に強い台風21号上陸へ 京都は厳戒、12万5千人避難勧告 : 京都新聞
左京・広河原に避難勧告 京都市 : 京都新聞 フランス小中学校で携帯使用禁止 新学期に法律を施行 : 京都新聞
埼玉の傷害致死、再審請求 「車にひかれた」と主張 : 京都新聞
 埼玉県の傷害致死事件で再審請求後、記者会見する弁護団の長沼正敏弁護士(左)=3日、東京・霞が関の司法記者クラブ
 埼玉県の傷害致死事件で再審請求後、記者会見する弁護団の長沼正敏弁護士(左)=3日、東京・霞が関の司法記者クラブ

 埼玉県などで中学校の同級生の男性=当時(33)=を暴行し死亡させたとして、傷害致死罪に問われ懲役13年が確定した櫛田和紀受刑者(40)は3日、東京高裁に再審請求を申し立てた。遺体には車にひかれた痕があり、棒のような物で殴られて死亡したとする高裁の確定判決は誤りだと主張している。弁護団が東京都内で記者会見し明らかにした。

 確定判決は、男性は無抵抗の状態で殴られたと認定。櫛田受刑者は事件当日、男性と一緒にいたと結論づけた。弁護団は新証拠として、元東京都監察医務院長上野正彦氏が作成した遺体の状況に関する鑑定書を提出。遺体にはタイヤの痕があった。

社説:敬老の日 長寿を喜べる地域社会こそ : 京都新聞 高森、喬木町村長選が告示、ともに予想の現職が立候補
コラム凡語:ドナルド・キーンさん逝く : 京都新聞 りんご並木 秋の豊作願い摘果作業
富山交番襲撃、10日にも再逮捕 警官への強盗殺人容疑で元自衛官 : 京都新聞 飯田で初積雪「子どもはしゃぎ大人はため息」
老舗支えた独歩の気概 中村屋美術館で会津八一展 : 京都新聞 夏休み考古博工房 家族で古代の技を体験
湯葉「刺し身」の美味、まるでミルフィーユ 延暦寺御用達 : 京都新聞 囲碁の小4菫さん、一日警察署長 4月に史上最年少プロ : 京都新聞
風越高で卒業生が社会の厳しさ講義 社説:子どもの貧困  支援の実効性高めたい : 京都新聞
人気俳優ら常連「名物女将」笑顔で別れ 先斗町の料理店閉店 : 京都新聞 飯伊わんぱく相撲大会でちびっこ力士が「大相撲」
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧