制服まとめ
根羽村が新たな義務教育学校導入へ 危険なため池 ハザードマップ、県内3割のみ
地元の特産品を知る はちまんいっぱい汁 来月アイスキャンドル 城南小1年生が制作
茅野市台湾交流事業 新たに1校と姉妹校提携 松川町3小中学校でコスタリカ料理給食
転職希望者もOK!2月17日 合同就職面接会 「鳰の会」を講師に児童が俳句づくり
学校給食で利用拡大 酪農家のおもてなし牛乳 半世紀の足跡を俳画集に 小口俶さん刊行
音楽コンク日本一 箕輪中部小と箕輪中 ツリーハウスをCFで 飯島中1年1組が挑戦
エコの知恵を防災に 茅野で体験会

自分で手作りした新聞紙のスリッパを履く子どもたち 茅野市地球温暖化対策地域協議会(原田裕光会長)は15日、防災工作&エコパッククッキング体験会を茅野市の茅野市民館イベントスペースで開いた。子どもからお年寄りまで約30人が参加。ビニール袋で蒸しパンを調理したり、新聞紙やチラシで食器やスリッパを作ったりして、災害時に役立つ省エネの知恵を楽しみながら習得した。 9月の防災月間に合わせた初企画で、各地で頻発する災害もあってか定員20人を上回る申し込みがあった。蒸しパンは、ホットケーキミックスや砂糖、水、干しブドウを袋の中で混ぜ合わせ、沸騰させた期限切れの備蓄水のお湯に入れた。鍋で煮ている間、チラシでコップを、新聞紙でスリッパを作った。コップの内側にビニール袋を張ってお茶を飲んだり、新聞スリッパで会場内を歩いて履き心地を体験したりした。 新聞紙のスリッパ作りで、参加者は「作り方を知っているだけで安心」「新聞のスリッパは温かいね」などと語り、永明小学校2年の功力宏哉君(7)は「ちょっと難しかったけど楽しかった。災害の時に使いたい」と満足そうだった。原田会長は「エコのアイデアが災害の時に役に立つことを知っていただけたら。今後も続けたい」と話していた。
凶器は自宅から持ち出しか、静岡 逮捕の少年、男児切り付け : 京都新聞 八日市南高食材で審査員特別賞 高速道路レストランコンテスト
那須雪崩遺族、再発防止で講演 「安心し学べる学校を」 : 京都新聞 財務相、首相官邸の関与「ない」 森友文書改ざん問題で : 京都新聞
隠蔽目的で森友記録を廃棄 財務省、答弁に合わせ : 京都新聞
落語で子ら表現力養う 京都の小学校で体験授業 : 京都新聞 いじめ防止対応、まず学校 被害生徒の父ら法改正要望 : 京都新聞
健大高崎ソフト部監督を解任 インスタに激高、部員に「死ね」 : 京都新聞 “弁当の日”提唱者、竹下さん「教育はくらしの中に」
信頼される消防人となるために!第54期消防職員63人が入校 被災地の小学校で閉校式、宮城 震災で児童激減 : 京都新聞
県外向け琵琶湖環状線体験学習 土砂崩れで通行止め、渋滞続く 京都南部、鵜飼など休業 : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧