制服まとめ
松川町3小中学校でコスタリカ料理給食 転職希望者もOK!2月17日 合同就職面接会
学校給食で利用拡大 酪農家のおもてなし牛乳 「鳰の会」を講師に児童が俳句づくり
31日まで 廣島愛川書作展 「ぬくもりメッセージ」入賞作品決定
児童らが地元を取材 たくさんある文化知って! 若手技能者が入賞を報告
旧愛知郡役所「ゆめまちテラスえち」 プラスチックごみゼロ宣言 京都の児童、買い物はマイバッグ : 京都新聞
社説:子どもの貧困  支援の実効性高めたい : 京都新聞 京華商業の非正規教員がスト 「雇い止め不当」と訴え : 京都新聞
老舗支えた独歩の気概 中村屋美術館で会津八一展 : 京都新聞
 「独往の人 会津八一展」の展示風景=東京都新宿区
 「独往の人 会津八一展」の展示風景=東京都新宿区

 歌人や書家として活躍した会津八一(1881~1956)の魅力に迫る「独往の人 会津八一展」が東京都新宿区の中村屋サロン美術館で開かれている。歌壇や書壇とは距離を置いて活動した気概や教育者としての顔を、和洋菓子などの老舗中村屋との強い結びつきと共に紹介する。

 まず目に留まるのが、実際に店内に掲げられていた「中村屋」の看板。ややアンバランスながら力強い字だ。1949年春、中村屋で書画の個展を開いたお礼に、八一が揮毫したという。

 同館学芸員の太田美喜子さんは、少年時代、利き手ではない右手で書かされたことで、逆に独特の書の世界ができあがったとみる。さらに日展への出品を拒否して同時期に中村屋で個展を開いた八一について、「アウトサイダー的に自分の世界を突き進んだ。熱烈に引きつけられるファンも多い」と魅力を解説する。

 中村屋創業者の相馬夫妻との出会いも興味深い。教壇に立った旧制早稲田中学校で夫妻の長男安雄を成績不振で落第にしたことがきっかけという。

 戦後、安雄は2代目社長に就任。八一を親のように慕い、菓子銘などの揮毫を依頼したという。今も「月餅」の折り箱などには八一の字が使われている。陰ながら老舗の“精神的支柱”だったことがうかがわれた。

 新潟市会津八一記念館と早稲田大学会津八一記念博物館からも所蔵品を借り受け、八一が描いた油彩画や収集した中国の石仏などで、その多彩な活動遍歴をたどる。前期は10月29日までで、11月1日~12月9日までの後期は展示品を一部入れ替える。入館料は300円。

利休の地元に「茶の湯条例」 堺市議会、10月施行 : 京都新聞 女子高生に体液かけた容疑、指導主事の男逮捕 本人は容疑否定 : 京都新聞
カンニングで海自隊員減給 京都・舞鶴、机に書き込み受験 : 京都新聞 生徒に「殺したろか」50代教諭暴言 学校休む生徒も : 京都新聞
小学生の防犯ブザー、電池が破裂 新入生らに自治体が配布 : 京都新聞 別の女児にわいせつ疑いで教諭再逮捕 複数の被害動画を押収 : 京都新聞
公開請求2カ月放置、廃棄後に「不存在」通知 京都のいじめ日誌 : 京都新聞 ブロック塀の電話相談開設 京都府・市、23日から : 京都新聞
大川小訴訟、最高裁へ 石巻市議会可決、宮城県も同調 : 京都新聞 朝鮮学校の卒業生側、二審も敗訴 無償化訴訟 : 京都新聞
携帯操作し生存偽装か、練馬強殺 「体調悪い」家族へ送信 : 京都新聞 学校の防災教育考える 諏訪季節大学会講座
大阪で震度6弱、3人が死亡 けが240人超、交通網まひ : 京都新聞 空中に四角いスイカ実る 京都、「味は三重丸」 : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧