制服まとめ
豊田小5年生 松本山雅の鐵戸さんと稲刈り 高校改革の実施方針決定 県教委
児童と「安心の家」不審者対応訓練 岡谷 2018年9月23日付
勘太郎で活気 伊那中3年3組「伊那フェス」 力強い作品ずらり 信州書道展きょうまで
ものづくりの魅力に触れる 南箕輪でフェア 2018年9月24日付
カノラ30周年記念ミュージカル 結団式 小中一貫先行実施方針の城北小 保護者ら要望
通学路緊急合同点検 諏訪地方教委 旧文具店改装しギャラリーに 辰野の藤森さん
豊田小5年生 松本山雅の鐵戸さんと稲刈り

松本山雅の元選手の鐵戸さんと一緒に稲刈りを体験した豊田小5年生 諏訪市豊田小学校5年生約60人は18日、米作り学習の一環で稲刈りを同校近くの田んぼで行った。秋晴れの下、JA信州諏訪の食農教育に協力するサッカーJ2の松本山雅元選手の鐵戸裕史さんと、もち米、うるち米、宮城県の復興米「ミヤコガネ」を収穫。保護者も手伝い、刈り取った株を束ねてはぜかけをして、大地の恵みに感謝した。 同校の稲作学習は10年以上、住民ボランティアの「ファーマーズ」(藤森一彦代表)の協力で約660平方メートルの水田で体験している。藤森代表によると、今年は順調に成長し、収穫は1週間早く、例年の180キロ以上の収量が見込めるという。 台風の影響で横倒しになった稲も、児童たちは1株ずつ丁寧に刈り取った。日向乃雅君(11)は「たくさんお米が実ってうれしい。12月の収穫祭で五平餅作りが楽しみ」と話していた。 鐵戸さん(35)は5月の田植えも一緒に行い、「ご飯1杯分に どのくらいの米が必要か感じ、意義のある実習になっている。体験を通して、感謝を持ち残さないことにつながれば」と期待を寄せていた。 10月には千歯こきや足踏み脱穀機で昔の脱穀を体験する。
柳瀬氏「誠実に話したい」 国会招致決定で : 京都新聞
学校とスポーツに焦点 諏訪湖博物館で企画展
京都先端科学大に名称変更へ 学園大、入学式に高木菜那選手 : 京都新聞 2019年02月24日付
福岡の川に車転落、2人意識不明 男子高校生数人が泳いで救出 : 京都新聞 水路に魚道「魚のゆりかご」取り組み広がる 滋賀・野洲 : 京都新聞
米軍、原因確認まで降下訓練せず 東京・羽村にパラシュート落下で : 京都新聞
基礎的に重点、難易度例年並み 京都の公立高中期選抜の出題 : 京都新聞 幕末出版の漢文聖書「すごく感動」 版元の香港関係者が来日 : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧