制服まとめ
根羽村が新たな義務教育学校導入へ 危険なため池 ハザードマップ、県内3割のみ
地元の特産品を知る はちまんいっぱい汁 来月アイスキャンドル 城南小1年生が制作
茅野市台湾交流事業 新たに1校と姉妹校提携 松川町3小中学校でコスタリカ料理給食
転職希望者もOK!2月17日 合同就職面接会 「鳰の会」を講師に児童が俳句づくり
学校給食で利用拡大 酪農家のおもてなし牛乳 半世紀の足跡を俳画集に 小口俶さん刊行
音楽コンク日本一 箕輪中部小と箕輪中 ツリーハウスをCFで 飯島中1年1組が挑戦
2018年09月19日付

どこからだろうか。夜風に乗って、トコトコトン―と聞こえてくる太鼓の音。秋祭りに向けて、年番耕地の氏子たちが練習しているのだろう。お祭りのお囃子は秋の音。この夏の暑さに参っていただけに、遠くの方でかすかに響く音を耳にするだけでほっとする▼マンネリが嫌われる市民まつりとは違って、地域の神社のお祭りは伝統や習わしのようなものが大事にされている。神々に奉納するものならなおさらだ。例えば獅子練りにしても地域ごとに特徴があるそうで、師匠と呼ばれる人たちがそれをきちんと次の世代に伝えている▼伝承や広がりという意味では、年番というやり方もいいのかもしれない。3年だったり5年だったり、間隔はさまざまだが、前回の記憶がなくならないぐらいのタイミングでやってくる。お互いに顔と名前が一致する小学校や中学校のつながりが切れない程度の間隔でもある▼駒ケ根市の大御食神社では16日が例大祭の宵祭りだった。年番の上赤須は300人の行列を仕立て、300年以上も続くとされ、市無形民俗文化財に指定されている伝統の獅子練りを奉納したそうだ▼本紙を飾った写真は、獅子練りの行列を華やかにする子どもたちの傘踊りの場面だった。年番との巡り合わせで、子どもの頃に行列に参加できる回数は限られてくる。秋祭りの記憶は古里の記憶となって、より強く意識に刷り込まれていくことだろう。
簿記1級合格めざす ネット配信授業 大津市 蔦田、佐野以外、団子レース
野球部の活躍を願って 県いじめ対策研究で最終報告書
困窮世帯への学用品費支給、対応に差 京都・山城5市 : 京都新聞 SNSの自殺情報監視を強化 スマホ普及で政府新計画 : 京都新聞
春と勘違い?青森で桜咲く 気温上昇、ピンクの花 : 京都新聞 妊娠中に食べて、葉酸使用料理で競う 京都でレシピ甲子園 : 京都新聞
赤彦童謡コンク入選作展示 諏訪湖博物館
指導者など環境面が充実 小学校講師が絵具セットなど万引 容疑で逮捕、当初は無職と供述 : 京都新聞
コラム凡語:震度6弱の地震 : 京都新聞 京都市内で「シェイクアウト訓練」 学校や病院など12万人参加 : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧