制服まとめ
根羽村が新たな義務教育学校導入へ 危険なため池 ハザードマップ、県内3割のみ
地元の特産品を知る はちまんいっぱい汁 来月アイスキャンドル 城南小1年生が制作
茅野市台湾交流事業 新たに1校と姉妹校提携 松川町3小中学校でコスタリカ料理給食
転職希望者もOK!2月17日 合同就職面接会 「鳰の会」を講師に児童が俳句づくり
学校給食で利用拡大 酪農家のおもてなし牛乳 半世紀の足跡を俳画集に 小口俶さん刊行
音楽コンク日本一 箕輪中部小と箕輪中 ツリーハウスをCFで 飯島中1年1組が挑戦
児童と「安心の家」不審者対応訓練 岡谷

不審者を想定して「こどもを守る安心の家」で通報をする児童と寄り添う店主 岡谷署は19日、岡谷市内の通学路にある「こどもを守る安心の家」で、不審者に備えた訓練を行った。新潟市の女児殺害事件を受けて政府がまとめた通学路の安全強化策「登下校防犯プラン」に基づき、地域の連携強化を図ろうと、市内で初めて実施。岡谷田中小学校の6年生約45人と安心の家に加わる美容室の店主が参加し、身の守り方や迅速な対応を学んだ。 安心の家は危険が迫り、助けを求める子どもを保護する民家や商店。市内には300カ所あり、専用のプレートなどを掲げている。 この日は、同市田中町の美容室バンで行った。代表児童が2人1組で通学路を歩くと、不審者に扮した署員が「チョコレートを食べないか」と声を掛ける流れ。子どもたちはつかまれた腕を振り払ったり、携帯する防犯ブザーを鳴らしたりしながら駆け込んだ。店主の名和すわ子さん(69)は扉の鍵を掛けてから110番通報し、子どもに寄り添うなどして対応。参加者は不審者の服装や体形、逃走した方向に注意することなどを学んだ。 署員に不審者の特徴を説明した村山奈央さん(11)は「緊張したけれど、不審者を見たら落ち着いて行動できると思う」。名和さんは「単なる見守りではなく、対応できるようにしなければ」と話していた。 同署生活安全課の大内剛課長は「大人は子どもを落ち着かせ、児童は不審者に遭ったことをまず伝えてほしい」としている。今後は、他の小学校や商店でも行う予定。
民泊禁止、京都市内初の地域ルール 新法対応の建築協定 : 京都新聞 県原子力防災専門会議で
オートバイ高校生2人死亡、福岡 無免許運転で車と衝突 : 京都新聞
竜王町の善光寺川で魚つかみに歓声 蒲生の地域文化に!みんなで美化活動
まちを元気に!
NIE実践校に544校 日本新聞協会 : 京都新聞 ボランティアバッジ五個荘中生徒38人へ
BDFプラント搭載車で訪問 山田さん冒険の楽しさ語る 大正7年から昭和20年の終戦まで 多和語都記「昔のくらし展」
江州音頭を未来へ「塾」開講式 近江八幡市9月定例市議会 決算予算案など35議案
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧