制服まとめ
「学びの森」に 伊那西小が学校林整備へ やってみる精神大切 上伊那移住×起業シンポ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 奨学金の返還支援 伊那市が4月から新制度
インフル注意報発令 県内全域 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日
2018年9月23日付

「スポーツの秋」となり、諏訪地方は秋の運動会シーズンに突入した。保育園や小学校だけでなく、各地区や企業などでも行われる秋の一大イベント。そんな運動会は、いつどのようにして始まったのだろうか▼日本の運動会のルーツは、1874(明治7)年に海軍幹部を育成するための学校「海軍兵学寮」で、英国人教師のダグラスが「英国で行われているアスレチックスポーツがしたい」と提案して開かれた「競闘遊戯」だとされているようだ▼その後、札幌農学校では「力芸」、東京大学では「運動会」が開かれ、師範学校、さらには全国の小中学校へと広がった。当初は複数校が校外で一緒に行う遠足も兼ねた催しだったようだが、大正時代に入り、各校ごとの行事に変化した▼運動会は「村の祭り」としての性格も強かったようで、大正時代には児童、教師をはるかに上回る地域住民が集まり祭のようににぎわったという。戦後も忙しい農作業の合間をぬって家族総出で応援に行き、グラウンドの周りで家族団らんで昼食を味わう光景が目に焼き付いている▼現在の小学校の運動会は、「競争」より「協調」を重視するようになり、競技の内容も変わってきた。昼食は給食となり、かつての光景がなくなったのはややさみしく思う。時代とともに変化するのは当然だが、それでも多くの子にとって秋の一大イベントであることには変わりないのだろう。
天龍村の平岡ダム近くで慰霊法要 竜丘小学校6年生がはにわ作り
豊丘で健康ウオーキング開催
90年前のクラシック消防車、EVに 京都の企業など復元 : 京都新聞 「働くあなたへ絵てがみ・イラスト作品展」
次世代へ平和の願い 東近江市平和祈念式典 点字の理解で広がる世界 京都の教室で記者も体験 : 京都新聞
昭恵氏、森友問題には触れず 福祉テーマの対談会に参加 : 京都新聞 直接対決で激論
ヒップホップ世界大会、2年連続出場へ 滋賀の高1 : 京都新聞 友愛の輪広げ、福祉のまちづくり「第6回あかね福祉大会」
市長マニフェスト希望都市づくり 市民フォーラムで計画説明 地域のイベント参加収益 4万円を市に寄付
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧