制服まとめ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 70歳のスイマー 世界記録に挑戦
さらなる飛躍で東京五輪へ 八日市と飛行場にスポット 企画展「戦時下の村と陸軍飛行場」
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 いと基地に遊びにおいで!ふしぎな「いと」でつながる場
2019輝け!期待のアスリート 新春インタビュー 西田竜王町長に聞く
愛犬と子ども見守り、地震時も安全誘導 京都・東山の夫婦 : 京都新聞
愛犬を連れ、登校中の子どもたちを見守る加藤さん夫妻(京都市東山区)
愛犬を連れ、登校中の子どもたちを見守る加藤さん夫妻(京都市東山区)

 京都市東山区の東山泉小中学校の通学路で毎朝、子どもの見守り活動を続ける高齢夫婦がいる。愛犬を連れ、街頭に立ち続けて7年余り。6月に地震が発生した際には混乱する児童らを落ち着かせ、安全な場所に誘導した。2人は「見守りの重要性をあらためて確認できた」と振り返る。

 同区今熊野南日吉町で陶芸店「加藤如水陶画苑」を経営する加藤一世さん(70)と幸子さん(65)夫妻。地域の子どもが犯罪や交通事故に巻き込まれるのを防ごうと、2011年4月に始めた。活動中は愛犬の「アロア」と「カイ」の2頭が愛嬌(あいきょう)を振りまき、自然と子どもたちの輪ができる。加藤さん夫妻も大阪で暮らす幼い孫の姿と重ね、温かなまなざしを注ぐ。

 6月18日の通学時間帯に発生した大阪府北部地震では電線が上下に激しく揺れ、民家が音をたててきしんだ。子どもたちは「怖い」とおびえ、加藤さん夫妻に抱きついた。夫妻は「大丈夫だよ」と声を掛けるとともに、建物の倒壊による被害を避けるため、道路の中央付近に子どもたちを誘導し、揺れが収まるのを待った。

 加藤さんは「日ごろからあいさつを交わし、顔見知りになっていたので、子どもも自分たちを頼ってきてくれた。けが人が出なくてよかった。今後も、愛犬と一緒に見守り続けたい」と話した。

即位控え最後の高校総体 皇太子さま、豪雨犠牲者悼む : 京都新聞 便器磨いて「すがすがしい」 滋賀の小学校、児童がトイレ掃除 : 京都新聞
女性教諭が支援学校生徒にわいせつ 懲戒免職「好意抱いていた」 : 京都新聞 森友文書の書き換え認める 財務省、12日に国会報告 : 京都新聞
福島の子どもバンド九州で演奏へ 熊本、長崎でコンサート : 京都新聞
61歳男性、夢の高校卒業 依存症乗りこえ「仲間のおかげ」 : 京都新聞 あす全国大会初戦 東近江バイオレッツ
土砂崩れで通行止め、渋滞続く 京都南部、鵜飼など休業 : 京都新聞 キャンドル手に、ナイチンゲール誓詞を朗読 看護学校卒業式 : 京都新聞
北海道の北星余市高、1年存続 「ヤンキー先生」舞台 : 京都新聞 佐川氏、27日に証人喚問 衆参予算委、首相影響の有無焦点 : 京都新聞
京都は震度5強 大半の学校は休校 : 京都新聞 竜王町の2小学校に書画カメラ寄贈
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧