制服まとめ
「学びの森」に 伊那西小が学校林整備へ やってみる精神大切 上伊那移住×起業シンポ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 奨学金の返還支援 伊那市が4月から新制度
インフル注意報発令 県内全域 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日
ぐんまちゃんと縄文交流 豊平小2年1組

縄文科で作った服を着て、ぐんまちゃんらと交流する豊平小学校の2年生 群馬県のマスコットで”宣伝部長”の「ぐんまちゃん」が26日、茅野市の尖石縄文考古館と豊平小学校を訪問した。全国各地の歴史遺産を巡り、観光地のPRや誘客を促進する同県の事業「ぐんまちゃんが行く古代浪漫深堀りの旅」の一環。児童の授業を参観するなどして八ケ岳山麓の縄文文化に親しんだ。 長野県のPRキャラクター「アルクマ」と一緒に訪問し、豊平小では2年1組の縄文科の授業を見学。児童は、制作中の縄文の服をぐんまちゃんらの体にあてがったり、弓の使い方を教えてあげたり、交代で抱き付いたりして大歓迎。ぐんまちゃんはポニーをモチーフとし、この日は茶色の服に装飾品を着けて古代をイメージした。子どもたちも手作りの縄文の服を着て楽しい時間を過ごした。 児童は「アルクマはテレビで見たけど、ぐんまちゃんは初めて」「縄文の服を見てもらえてよかった」「弓が上手」「ふわふわしていてかわいい」などと話していた。 考古館では、県内外の小学校の見学もあり、アルクマやぐんまちゃんは大人気だった。
荒川道場の3選手 夏の全国大会出場 城西大、不適切支出総額5億円超 調査委が最終報告 : 京都新聞
日野・竜王町 伊那西小のミヤマシジミ保全活動 2日発表会
「赤こんリポーター」を委嘱 名古屋でLGBT成人式 「ありのままの自分への一歩」に : 京都新聞
大宮神社秋季祭典開く 満蒙開拓平和記念館の中学生入館を補助
12校が参加し自然エネルギー活用コンテスト 勝運授福の神に必勝祈願
簡易地震計設置で断層探る 京大、高槻・茨木の住宅街 : 京都新聞 九州豪雨被災小で最後の卒業式 住民泥出し、福岡・朝倉 : 京都新聞
玉緒小学校 創立100周年祝う 冨士谷市長に聞く 市政の取り組みと市の未来
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧