制服まとめ
ぐんまちゃんと縄文交流 豊平小2年1組 小口太郎出身の湊小に紹介コーナー
諏訪圏工業メッセ 出展数最大規模の見通し あす赤穂中文化祭 「大蛇」に女子が初参加
地元の企業を知ろう 岡工高2年生に説明会 上伊那チーム結成 ユニバーサルリレー出場へ
守れ地域の交通安全 出動!イナレンジャー 諏訪湖に関心高めて 諏訪振興局学習ツアー
環境や健康に関心 諏訪市でエコフェスタ 土石流や浸水、停電も 台風24号で各地被害
小口太郎生誕120周年 岡谷で7日つどい 藤原てい生誕100年 長女咲子さん21日講演
ぐんまちゃんと縄文交流 豊平小2年1組

縄文科で作った服を着て、ぐんまちゃんらと交流する豊平小学校の2年生 群馬県のマスコットで”宣伝部長”の「ぐんまちゃん」が26日、茅野市の尖石縄文考古館と豊平小学校を訪問した。全国各地の歴史遺産を巡り、観光地のPRや誘客を促進する同県の事業「ぐんまちゃんが行く古代浪漫深堀りの旅」の一環。児童の授業を参観するなどして八ケ岳山麓の縄文文化に親しんだ。 長野県のPRキャラクター「アルクマ」と一緒に訪問し、豊平小では2年1組の縄文科の授業を見学。児童は、制作中の縄文の服をぐんまちゃんらの体にあてがったり、弓の使い方を教えてあげたり、交代で抱き付いたりして大歓迎。ぐんまちゃんはポニーをモチーフとし、この日は茶色の服に装飾品を着けて古代をイメージした。子どもたちも手作りの縄文の服を着て楽しい時間を過ごした。 児童は「アルクマはテレビで見たけど、ぐんまちゃんは初めて」「縄文の服を見てもらえてよかった」「弓が上手」「ふわふわしていてかわいい」などと話していた。 考古館では、県内外の小学校の見学もあり、アルクマやぐんまちゃんは大人気だった。
カボチャランタン作ろう 諏訪地区P連
女性教諭が支援学校生徒にわいせつ 懲戒免職「好意抱いていた」 : 京都新聞
人形浄瑠璃 児童も熱演 中川保存会
中学時代のいじめで28歳男性提訴 元同級生や町相手取り : 京都新聞
インフル患者大幅増 11年以降で最多 ICT教育の公開授業 伊那市3小中学校
「ごんげんカルタ」完成 伊那市西春近北小
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧