制服まとめ
正しい姿勢で 赤穂小で学校保健委員会

原田さんの指導で正しい姿勢での歩行を体験する参加者

駒ケ根市の赤穂小学校体育館で26日夜、同校学校保健委員会が開かれた。研修では適正姿勢指導施術師でS―レッチングインストラクターの原田信子さん=伊那市=を講師に姿勢ストレッチを体験。原田さんは「姿勢が良くなるといいことがいっぱいある」と述べ、ポイントを教えた。

研修には約60人が参加した。原田さんは、姿勢が良くなることによる変化として▽身体が柔らかくなる▽気持ちが明るくなる▽集中力が高まる▽速く走れるようになる▽スタイルが良くなる―などを挙げ、「姿勢が良くなると体幹が使えるようになり、軽く走れる感覚になる。何よりスタイルが改善される」と解説した。

実習で参加者は良い姿勢をつくるためのストレッチや、「おなかを伸ばして胸を張る」方法を体験。正しい姿勢で歩いたり走ったりして、その効果を体感した。

同委員会では2017年度の研修でも原田さんから姿勢指導を受けており、今年度が2度目の実習。今回は正しい姿勢の気持ち良さを体験してもらえるように実習に重点を置き、子どもたちも参加できるようにした。同校では今年度、6年生を対象に姿勢教室を行っており、姿勢を正す意識が広まりつつあるという。