制服まとめ
地元の企業を知ろう 岡工高2年生に説明会 上伊那チーム結成 ユニバーサルリレー出場へ
守れ地域の交通安全 出動!イナレンジャー 諏訪湖に関心高めて 諏訪振興局学習ツアー
環境や健康に関心 諏訪市でエコフェスタ 土石流や浸水、停電も 台風24号で各地被害
小口太郎生誕120周年 岡谷で7日つどい 藤原てい生誕100年 長女咲子さん21日講演
飯田線上伊那全線開通100年 花火打ち上げ 新聞に見る御柱祭100年 矢島さん自費出版
7日小学生相撲北信越大会 双子力士が決意 秋の遠足一緒に 玉川小と茅野高初の連携授業
地元の企業を知ろう 岡工高2年生に説明会

地元企業の関係者から説明を聞く岡谷工業高校の生徒たち 岡谷工業高校(岡谷市)の2年生を対象にした地元企業説明会が27日、岡谷市役所で開かれた。地域にどんな企業があるのか知ってもらい、就職に生かしてもらう狙い。就職希望の生徒を中心に123人が参加し、企業の関係者から説明を受けた。 若者の職業観を育成する厚生労働省の職業意識形成支援事業の一環で、諏訪公共職業安定所と岡谷工高が協力して初めて開いた。企業は諏訪地域の製造業を中心に37社が参加。生徒たちはあらかじめ4社まで希望する企業を選び、25分ずつ各企業のブースを回った。 人手不足が深刻化する中、会場は就職説明会さながらの熱気で、企業側は会社の概要をはじめ、どんな製品を作ったり、サービスを提供したりしているかなどを熱心に説明。自社の製品を持ち寄ったり、パンフレットやホームページを示したりして生徒たちにPRした。 情報技術科の大野祐介さん(15)は「進学希望だが、卒業後は地元への就職を考えている。こういう形で企業の人たちの話を聞く機会はあまりないので勉強になる」と話していた。 同校進路指導担当の山口隆教諭は「学校としても地元に貢献できる人材を輩出したいと考えており、企業側のニーズもある。生徒たちにどんな企業があるのか知ってもらい、就職の参考にしてほしい」と期待していた。
水路に魚道「魚のゆりかご」取り組み広がる 滋賀・野洲 : 京都新聞
同僚にセクハラ、教諭を停職 肩抱かれた女性が体調不良訴え : 京都新聞 全国高校文芸コンク入選 伊那西高の浦野さん
佐川氏の参院証人喚問・詳報 : 京都新聞
1千万円窃盗疑い、中3少女を家裁送致 : 京都新聞 アパート侵入、女児にわいせつ疑い 高校生、数日前から後つけ : 京都新聞
「小学校時代に体罰」知人の元担任脅す 容疑で法務局職員再逮捕 : 京都新聞
愛媛職員らの官邸訪問を事前連絡 文科省、内閣府メール確認 : 京都新聞 面会「加計のみ」厚遇ぶり鮮明に 柳瀬氏、自ら判断強調 : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧