制服まとめ
「学びの森」に 伊那西小が学校林整備へ やってみる精神大切 上伊那移住×起業シンポ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 奨学金の返還支援 伊那市が4月から新制度
インフル注意報発令 県内全域 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日
地元の企業を知ろう 岡工高2年生に説明会

地元企業の関係者から説明を聞く岡谷工業高校の生徒たち 岡谷工業高校(岡谷市)の2年生を対象にした地元企業説明会が27日、岡谷市役所で開かれた。地域にどんな企業があるのか知ってもらい、就職に生かしてもらう狙い。就職希望の生徒を中心に123人が参加し、企業の関係者から説明を受けた。 若者の職業観を育成する厚生労働省の職業意識形成支援事業の一環で、諏訪公共職業安定所と岡谷工高が協力して初めて開いた。企業は諏訪地域の製造業を中心に37社が参加。生徒たちはあらかじめ4社まで希望する企業を選び、25分ずつ各企業のブースを回った。 人手不足が深刻化する中、会場は就職説明会さながらの熱気で、企業側は会社の概要をはじめ、どんな製品を作ったり、サービスを提供したりしているかなどを熱心に説明。自社の製品を持ち寄ったり、パンフレットやホームページを示したりして生徒たちにPRした。 情報技術科の大野祐介さん(15)は「進学希望だが、卒業後は地元への就職を考えている。こういう形で企業の人たちの話を聞く機会はあまりないので勉強になる」と話していた。 同校進路指導担当の山口隆教諭は「学校としても地元に貢献できる人材を輩出したいと考えており、企業側のニーズもある。生徒たちにどんな企業があるのか知ってもらい、就職の参考にしてほしい」と期待していた。
天龍中がプール開き 飯田市でリニア出前授業
フクシマを忘れない 飯田で脱原発、再稼働反対のデモ ハンセン病家族訴訟判決へ、熊本 来年5月 : 京都新聞
東近江市消防操法訓練大会 ふれあい広場2010 23日 五個荘中央公園
LINE移転先「京町家」いかが? 京都市景観政策見直しで意見 : 京都新聞 前川氏、文科省の対応を批判 「不当な支配の可能性が高い」 : 京都新聞
NIE教育フォーラムを開催 学校図書館の活用例を報告 : 京都新聞
大津市木の岡ビオトープで「春の自然観察会」 ごみ減量化と環境美化
地元キャスト晴れ舞台 ミュージカル座公演
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧