制服まとめ
上伊那チーム結成 ユニバーサルリレー出場へ 守れ地域の交通安全 出動!イナレンジャー
諏訪湖に関心高めて 諏訪振興局学習ツアー 環境や健康に関心 諏訪市でエコフェスタ
土石流や浸水、停電も 台風24号で各地被害 小口太郎生誕120周年 岡谷で7日つどい
藤原てい生誕100年 長女咲子さん21日講演 飯田線上伊那全線開通100年 花火打ち上げ
新聞に見る御柱祭100年 矢島さん自費出版 7日小学生相撲北信越大会 双子力士が決意
秋の遠足一緒に 玉川小と茅野高初の連携授業 赤穂小校歌100年 記念行事で節目祝う
上伊那チーム結成 ユニバーサルリレー出場へ

800メートルユニバーサルリレーに向けて気合を入れる上伊那チーム 上伊那地方の障がい者4人と障がいのない小中学生4人がチームを組み、「信州チャレンジスポーツDAY2018」(10月13日、松本平広域公園)の800メートルユニバーサルリレーに出場する。今年からの新設種目で、上伊那チームのほか、同様に編成された6チームが県内各地から出場予定。県伊那養護学校(伊那市)体育館で27日夜、事前練習に励んだメンバーは「8人で力を合わせて優勝する」と決意を示した。 同公園陸上競技場のトラックで、健常者、障がい者が交互に100メートルずつ走りタイムを競う。「パラ駅伝」を参考にしており、バトンではなくたすきをリレーする。 パラ駅伝に2度出場したことがある聴覚障がい者の植田剛さん(40)=南箕輪村=は第4走者。「メンバー全員がつながり、力を合わせて、優勝を目指したい」と意気込んだ。アンカーは車いすを使用する伊那市伊那北小4年の大久保颯耶君(10)。「きょうの練習の走りはあまり良くなかった。本番はもっとダッシュして、もっと速く走る」と誓っていた。 障がいのない4人は、陸上競技やバスケットボールなどをしており、伊那市総合型地域スポーツクラブの呼び掛けで集まった。この日の練習で視覚障がい者にたすきを渡す走者は、名前を呼んで合図することを確認。同市東部中2年で陸上部に所属する富山唯奈さん(13)は「障がいのある方と一緒に頑張りたい」と話した。 2027年に国体と共に県内で開催予定の全国障がい者スポーツ大会に向け、障がいの有無にかかわらずスポーツに親しむ機運を高めようと新設した。同種目は午後1時開始。県体育センターは「パラスポーツの振興と障がい者理解の促進が目的」とし、大勢の人が観覧して声援を送ることを望んでいる。
女性教諭が自宅で大麻栽培 容疑で夫と逮捕 : 京都新聞
景色も満喫健康ウオーク 箕輪の天竜川 九州北部の豪雨被災地で新学期 統合の小学校開校 : 京都新聞
昭恵氏の森友記載「把握せず」 文書決裁した理財局職員 : 京都新聞
LED輝く駅前広場 JR下諏訪駅
同僚にセクハラ、教諭を停職 肩抱かれた女性が体調不良訴え : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧