制服まとめ
守れ地域の交通安全 出動!イナレンジャー 諏訪湖に関心高めて 諏訪振興局学習ツアー
環境や健康に関心 諏訪市でエコフェスタ 土石流や浸水、停電も 台風24号で各地被害
小口太郎生誕120周年 岡谷で7日つどい 藤原てい生誕100年 長女咲子さん21日講演
飯田線上伊那全線開通100年 花火打ち上げ 新聞に見る御柱祭100年 矢島さん自費出版
7日小学生相撲北信越大会 双子力士が決意 秋の遠足一緒に 玉川小と茅野高初の連携授業
赤穂小校歌100年 記念行事で節目祝う 小中学生の発表で開幕 北欧音楽祭すわ
守れ地域の交通安全 出動!イナレンジャー

地域の交通安全を守るイナレンジャー 隊長の呼び掛けに応え、BGMとともに登場した信号カラーの3人組は「われら、安全戦隊イナレンジャー」と決めポーズ―。子どもたちに交通安全の大切さを教えるヒーロー「伊那署安全戦隊イナレンジャー」が伊那署員4人で結成され、活動を始めた。 メンバーは同署交通課係長の赤羽正彦警部補を隊長に、レッドが同課の金田智恵巡査、イエローが伊那市駅前交番の中畑圭太巡査、グリーンは美篶駐在所の渡邊正樹巡査部長。同署管内の保育園や小学校に出動し、地域の交通安全を守るべく活動していくという。 レンジャーは、県警本部の主催で県内各署が交通安全教育について競う今年度の「交通安全教育技能コンクール中南信大会」の出場者で結成した。今年度のコンクールテーマは「小学校入学前の新1年生とその保護者に対する交通安全教育」で、渡邊巡査部長がイナレンジャーを考案。レンジャーが子どもたちに交通ルールを教える寸劇を作った。 初出動は27日。レンジャーは、美篶保育園(田中俊恵園長)で開いた交通安全教室に登場し、イラストやパネルを使って、子どもたちにチャイルドシートの着用や道路横断時の前後左右の確認など、自分の命を自分で守るルールを教えた。個性派ぞろいの隊員を束ねる隊長の赤羽警部補は「出動要請があれば、小学校などでも内容を変えてやっていきたい」と意欲的。発案者で、消極的な性格のグリーンを演じる渡邊巡査部長は「メンバーが代わっても活動が続いてくれると、うれしい」と話した。
開学時の画学生の動物描写考察 京都市立芸大で展示 : 京都新聞 環境や健康に関心 諏訪市でエコフェスタ
学校とスポーツに焦点 諏訪湖博物館で企画展
グリーンヒルズヴィレッジ 売れ行き好調 科学の甲子園ジュニア全国大会 清陵中生出場
冬の公民館で避難所生活 下諏訪町で運営訓練
茅野市60年を写真で紹介 八ケ岳総合博物館
京都・舞鶴の中2飛び降り、調査委「いじめ見過ごした」 : 京都新聞
諏訪地方の「花」知って 下諏訪北小で花育
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧