制服まとめ
故郷の民話を綴った大型紙芝居を絵本に

=読み聞かせグループ「ぽえむ」=

 【竜王】竜王町立竜王西小学校で絵本の読み聞かせをするボランティアグループ「ぽえむ」が故郷の民話などを題材にした大型紙芝居を制作し、完成した全10作品をもとに絵本を出版した。全ての絵本が完成した先月21日、同小図書館でお披露目された。
 同グループは2000年に活動を始め、翌年「湖国二十一世紀記念事業活動団体」に認定されたことを機に、同グループ有志が大型紙芝居を作り始めた。
 絵本は2016年に1巻目「竜王寺の鏡 時兼と三和姫」を刊行してから昨年までに竜王町や青少年育成会議、竜王ライオンズクラブ、竜王未来づくり共創会議などの補助を受け6巻まで制作。7巻から10巻までを今年40周年を迎えた竜王ライオンズクラブの協力を得てそれぞれ8冊出版し、同時に各巻6冊刷だった1巻から6巻までを2冊増刷した。
 絵本は20〜25ページで、自分たちで描いた温かい絵に大きな字で物語を綴った読みやすい仕上がりになっている。町内小中学校や町立図書館、役場町民室に置いている。同グループは「多くの人に読んでもらいたい」と話している。


完成した絵本を手に持つ「ぽえむ」メンバー
完成した絵本10作品
中学教諭が女子生徒に性的質問 埼玉・三郷でPTSDに : 京都新聞
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧