制服まとめ
藤原てい生誕100年 長女咲子さん21日講演 飯田線上伊那全線開通100年 花火打ち上げ
新聞に見る御柱祭100年 矢島さん自費出版 7日小学生相撲北信越大会 双子力士が決意
秋の遠足一緒に 玉川小と茅野高初の連携授業 赤穂小校歌100年 記念行事で節目祝う
小中学生の発表で開幕 北欧音楽祭すわ 大芝高原でイルミフェスが開幕 南箕輪村
龍のように演奏したい 湖響龍夢が全国舞台 中心市街地で多彩なイベント おかやフェスタ
景色も満喫健康ウオーク 箕輪の天竜川 小口太郎生誕120周年 岡谷で記念の集い
藤原てい生誕100年 長女咲子さん21日講演

諏訪市図書館は、茅野市出身の作家で一昨年死去した藤原ていの生誕100周年を記念した特別講演会を、21日午後1時30分から諏訪市文化センターで開く。講師は長女の藤原咲子さん=東京都武蔵野市=。「母、藤原ていの一生」と題して、父の新田次郎、ていの生涯と諏訪の教育や文化の関わりを話す。入場無料。 ていは諏訪高等女学校(現諏訪二葉高校)卒業。1939年に新田と結婚し、43年に日本統治下の旧満州へ渡った。終戦後、夫と離れ3人の子どもと帰国。苦難の末に帰国した実体験を書いた小説「流れる星は生きている」はベストセラーになった。 咲子さんは1945年、満州国新京(現・中国長春)生まれ。著書に両親との思い出をつづった「父への恋文」「母への詫び状」「チャキの償い」の3部作がある。近年咲子さんは、同市での関連講演会で両親の思い出を披露している。 講演は午後3時までだが、その後20~30分は質疑応答を予定している。同館は「両親の近くにいた咲子さんから、二人に影響をした諏訪の教育、文化について意見を交わしてほしい」と多くの来場を呼び掛けている。 申し込み不要。問い合わせは諏訪市図書館(電話0266・52・0429)へ。
警官射殺、容疑者確保の照会放置 滋賀県警対応を市長批判 : 京都新聞
湖南小児童が英語の土曜学習 地域講師が指導
アユモドキ大切に育てるよ 大津の小学校、琵琶湖へ放流目指す : 京都新聞
ブリッジさせ女子児童触る 女子高生2人に淫行の教諭も免職 : 京都新聞
募集停止→留学生受け入れで再開 大津の華頂福祉専門学校 : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧