制服まとめ
長谷中が大臣賞 秋の県学校花壇コンクール 3小学校の危険樹木処理 駒ケ根市教委
シクラメン色鮮やか 八ケ岳中央農業大学校 1本丸ごとセロリが給食に 原小学校
八ケ岳中央農業実践大学校 80周年式典 小学校必修化に向けプログラム教室 駒ケ根
学校給食甲子園決勝へ 長谷共同調理場の献立 ICT教育の公開授業 伊那市3小中学校
学校の防災教育考える 諏訪季節大学会講座 生態や対処クマ学ぶ 小学校でICT活用授業
手紙の良さ知って 小中学校などに年賀状寄贈 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
長谷中が大臣賞 秋の県学校花壇コンクール

今年度の県学校花壇コンクールで大臣賞に輝いた伊那市長谷中学校の花壇=9月中旬撮影 伊那市長谷中学校の学校花壇が、今年度の秋の県学校花壇コンクール(県、県教育委員会など主催)で、大賞に次ぐ特別賞の大臣賞に選ばれた。表彰式は11月14日に安曇野市内で行われる。 長谷中の花壇は、山と太陽をデザイン。長谷の美しい自然や温かく見守ってくれる住民の姿を表したり、自分たちが地域を元気付けるとの思いを込めたりした。造園委員を中心に全校生徒が花づくりに関わるのが伝統で、地域へのパンジー苗配布や花壇前でのコンサートなど、花を通した住民との交流を引き続き大切にしてきた。 県によると、栽培管理の徹底や生育の良さ、学校・地域の一体的な取り組みを高く評価したという。 「猛暑や豪雨で苦労しましたが、地域の皆さんの声が励みになり、整備や管理がしっかりできました。大賞を取れなかった悔しさは正直ありますが、高い評価をいただけてうれしい」と造園委員長で3年の宮下千裕さん(15)。後輩には「地域を大事にした花づくりを続けてください」とエールを送った。 今年度のコンクには県内74校が参加。大賞には東御市東部中が輝いた。上伊那から中央審査に進出した駒ケ根市赤穂中と箕輪町箕輪中は優良賞に選ばれた。
科学の甲子園、神奈川県代表がV 高校生が学校ごとのチームで競う : 京都新聞 首相「金銭伴う関与なし」 森友答弁を軌道修正 : 京都新聞
趣味のランニングで防犯活動 京都で「パトラン」広がる : 京都新聞
民泊「解禁」へ、新法15日施行 京都府内の届け出43件 : 京都新聞
政府、通学路ブロック塀対策急ぐ 大阪地震、小4女児死亡を受け : 京都新聞 公立小3割が英語授業増を先取り 文科省の調査 : 京都新聞
京都の3姉妹、伸ばした髪寄付 医療用かつら「人の助けに」 : 京都新聞
明治以来の盲学校、工夫脈々 京都、触って学ぶ教材へ情熱 : 京都新聞
文科省職員「同席覚えない」 加計問題、出向中で把握できず : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧