制服まとめ
「学びの森」に 伊那西小が学校林整備へ やってみる精神大切 上伊那移住×起業シンポ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 奨学金の返還支援 伊那市が4月から新制度
インフル注意報発令 県内全域 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日
満蒙記念館の来館者15万人達成

大阪の寝屋川第五小が15万人目に

 阿智村駒場の満蒙開拓平和記念館が11日、2013年4月のオープンから5年半で来館者15万人を達成した。新館セミナー棟の建設へ向けて取り組んでおり、学校関係などの受け入れ強化を図り、歴史と平和を次世代に伝えていく。

 15万人目となったのは修学旅行の平和学習で訪れた大阪府寝屋川市立第五小学校(西田要一校長)。6年生167人を代表して田中彩音さん(11)が、満蒙開拓学習教材などの記念品を受け取った。

 少年義勇軍の映画を見て事前学習した田中さんは「日本軍に見捨てられてかわいそうだった。義勇軍だった人がその後どうなったのか知りたい」と語った。

 同校は、飯田下伊那を6年生の修学旅行先に選んで4年目。1泊2日でリンゴ狩りや天竜川下り、星空観望などなどを体験する。西田校長は「平和学習を取り入れながら幅広い学習ができるエリアだ」と話した。

 寺沢秀文館長は「15万人を迎えられたのも支えてくれた皆さんのおかげ」と感謝。地元を含め学年関係の受け入れを可能にするためにもセミナー棟建設が必要だと強調し「未来に伝えていく拠点にしたい」と話した。引き続き寄付を募っている。同館の来館者は年間2万7000人ほどで推移している。

県立近代美術館で開催中 京都市立全保育所も朝から休止 台風21号、警報解除なら再開 : 京都新聞
鈴鹿交通安全研修「作文コンクール」9人表彰
死亡女児の学校、授業再開 大阪北部地震、府内は小中通常に : 京都新聞 児童施設から脱走後に自殺 15歳少女の遺族、滋賀県を提訴 : 京都新聞
魅力ある美術館運営 公募委員を募集 座光寺小児童が植えたフジバカマにアサギマダラ
学校放置の裁断機で男児が指切断 姫路市が慰謝料 : 京都新聞 りゅうちぇる・ぺこさん京都を学ぶ 市長が和装着こなし伝授 : 京都新聞
亀岡事故6年、地元関係者が交通安全訴え 小学校は全校集会 : 京都新聞 公立高校入試後期選抜の合格者発表
高森町の議場で「たかもり★みらい議会」 大鹿村で歌舞伎教室の発表会
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧