制服まとめ
「学びの森」に 伊那西小が学校林整備へ やってみる精神大切 上伊那移住×起業シンポ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 奨学金の返還支援 伊那市が4月から新制度
インフル注意報発令 県内全域 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日
2018年10月16日付

小学校5年生のころ、祖父に連れられて下諏訪町の大平集落近くから八島に向けてジコボウ採りに入ったことがある。びくや手持ちの袋でも足りないくらいの豊作だったが、ほとんど祖父の収穫だった▼斜面を登りながら採っていくのだが、キノコ採りベテランの大人と、キノコにも地理にも不案内の子どもではペースが違う。どんどん距離が開き、大声を出してようやく居場所の見当がつく程度。子どもにとっては山の中で迷子にならないよう追いかけるのが精一杯で、ジコボウどころではなかった▼猛暑の後の降雨で今年は山キノコが豊作らしい。採るのも食べるのも楽しいキノコだが、県内では今秋、キノコ採りの遭難事故が相次いでいる。8月から15日までに20人が遭難し、13人が死亡した。キノコ探しに夢中になって急斜面で滑落するなどのケースが多い▼ある程度決まったルートを行く登山と違って、キノコ採りの場合は道のない場所に入らなければ収穫できないから、登山以上に地形を読む力や方向感覚が必要になる。足元も含めて装備も登山に比べて軽い。こんなところに落とし穴がある▼祖父とジコボウ採りに入った場所は、大人になって東俣国有林の中と知ったが、ここはとにかく尾根に向かって登ればバス道に出る地形なので、祖父も孫の心配はさほどしなかったらしい。キノコ採り遭難多発のニュースから50年も昔のことを思い出した。
ササユリ咲く山目指し 川路小が里山整備作業 生徒とPTAが通学路のごみ拾い
西の湖ヨシ灯り展 24・25日 西の湖周辺 司馬さん命日飾る菜の花800本切られる 食用に?花は手つかず : 京都新聞
啓発キャラバン隊が奉仕作業 公園の照明がピカピカに 新たに10本のしだれ桜を補植
ブロック塀の撤去作業開始、大阪 池田市の中学校、劣化確認で : 京都新聞 交換学生で櫻さん派遣 東近江ロータリークラブ
ふるさと検定、曲がり角? 京都・亀岡、受験者低迷 : 京都新聞 溝埋まらず紛糾した集会 大津市内で建設予定の幸福の科学学園関西校
飯田女子高生が保育実習、子どもの実際を学ぶ
鼎地区の新成人らが陶芸づくり 喬木第二小でマツタケ給食
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧