制服まとめ
法制審が特別養子2段階審判検討 虐待続ける実親の不同意に対抗 : 京都新聞 青森中2いじめ自殺の遺族が講演 「学校と家庭の情報共有が必要」 : 京都新聞
松本京子さん拉致失踪から41年 「問題解決に支援を」 : 京都新聞 車上荒らしで校外学習延期 過剰反応?慎重な判断? : 京都新聞
読み書きを奪われて 識字運動に挑んだ山本栄子さん(下) 「言葉は文字ですよ」 対談本出版目指しクラウドで資金募る : 京都新聞 読み書きを奪われて 識字運動に挑んだ山本栄子さん(上) 対談本出版目指しクラウドで資金募る : 京都新聞
船田氏、自民の憲法審体制に懸念 「強硬運営のメッセージ示した」 : 京都新聞 部活の朝練完全廃止など紹介 学校働き方改革で研修会 : 京都新聞
生徒に「殺したろか」50代教諭暴言 学校休む生徒も : 京都新聞 社説 栗東市長3選 潜在力生かした市政を : 京都新聞
校舎から中2女子飛び降り、岡山 女性教諭に当たり両者けが : 京都新聞 弁護士懲戒、請求者に賠償命令 「人種差別」訴え勝訴 : 京都新聞
法制審が特別養子2段階審判検討 虐待続ける実親の不同意に対抗 : 京都新聞
 特別養子縁組制度の見直しに関する中間試案のポイント
 特別養子縁組制度の見直しに関する中間試案のポイント

 実の親が育てられない子どものための特別養子縁組制度見直しを議論している法制審議会の部会が、中間試案をまとめたことが20日、分かった。縁組成立のための家庭裁判所の審判の前段階として「当該の子どもに縁組が必要かどうか」を家裁が判断する「特別養子適格審判」の導入が新たに含まれた。実親の同意がなくても必要だと判断されると、実親はその後、縁組成立の審判に関与できなくなる。虐待や育児放棄を続けながら、縁組には同意しない実親に対抗する狙いがある。

 縁組の上限年齢は、学校生活に配慮し、現行の原則6歳未満から、8歳未満などに引き上げる複数案を示したが、さらに検討を続ける。

沖縄ヘリ窓落下1年で全校集会 「外で思いきり遊びたい」 : 京都新聞 旭松食品と契約栽培大豆 戸別所得補償で初の検査
元気づくり支援金活用事業でしあわせ市場配達便が知事賞 竹の茶室公開制作、放置竹林活用法考えよう 京都で催し : 京都新聞
小4少女が囲碁プロへ 最年少記録を更新、早期育成 : 京都新聞 伊那谷文化芸術祭が開幕
矢沢選手地元報告会 第3回飯田市小中連携・一貫教育推進委員会開く
松川、大鹿が「平和市長会議」加盟~恒久平和の実現目指し 読み書きを奪われて 識字運動に挑んだ山本栄子さん(上) 対談本出版目指しクラウドで資金募る : 京都新聞
天龍村で梅花駅伝開く 大阪で森友問題ヒアリング、野党 籠池被告らから : 京都新聞
松尾代田で寺子屋始まる 冬休み、何して過ごす? 小中学校で休み前最後の授業 : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧