制服まとめ
青森中2いじめ自殺の遺族が講演 「学校と家庭の情報共有が必要」 : 京都新聞 松本京子さん拉致失踪から41年 「問題解決に支援を」 : 京都新聞
車上荒らしで校外学習延期 過剰反応?慎重な判断? : 京都新聞 読み書きを奪われて 識字運動に挑んだ山本栄子さん(下) 「言葉は文字ですよ」 対談本出版目指しクラウドで資金募る : 京都新聞
読み書きを奪われて 識字運動に挑んだ山本栄子さん(上) 対談本出版目指しクラウドで資金募る : 京都新聞 船田氏、自民の憲法審体制に懸念 「強硬運営のメッセージ示した」 : 京都新聞
部活の朝練完全廃止など紹介 学校働き方改革で研修会 : 京都新聞 生徒に「殺したろか」50代教諭暴言 学校休む生徒も : 京都新聞
社説 栗東市長3選 潜在力生かした市政を : 京都新聞 校舎から中2女子飛び降り、岡山 女性教諭に当たり両者けが : 京都新聞
弁護士懲戒、請求者に賠償命令 「人種差別」訴え勝訴 : 京都新聞 不祥事2校の私学助成金交付保留 日大と東京医大 : 京都新聞
青森中2いじめ自殺の遺族が講演 「学校と家庭の情報共有が必要」 : 京都新聞
 シンポジウムで講演する葛西剛さん=20日午後、仙台市
 シンポジウムで講演する葛西剛さん=20日午後、仙台市

 いじめや不登校など、学校を取り巻く問題について考えるシンポジウムが20日、仙台市で開かれた。2016年8月にいじめを訴えて自殺した青森市立中2年の葛西りまさん=当時(13)=の父剛さん(40)が講演し「学校と家庭の情報共有が必要だ」と訴えた。

 シンポジウムは仙台市の教員らでつくる市民団体などが主催し、教育関係者や市議ら約90人が参加した。剛さんは「娘の死は突然で、予見できなかった」と声を詰まらせ、「子どもが見せる顔は学校と家庭で違う。お互いが情報共有できていれば重大事態を未然に防げるはずだ」と話した。

橋南公民館 車横転事故で元生徒ら高校側提訴 2億9千万円賠償求める、松山 : 京都新聞
喬木村で少年野球教室 旧保健センター土地建物、学校法人に売却 京都市、7億2千万円 : 京都新聞
長期欠席児童生徒支援ネットワークが講演会 下伊那郡区県議補選スタート、予想の新人3氏の争い
鼎小で中学教諭が出前授業~小中の学びの接続に向け 川路祇園祭り~各区で屋台練り歩きにぎわう
飯伊9高校の同窓会連絡協が情報交換 不登校の小中生居場所づくりに「適応指導教室」 京都・南丹市 : 京都新聞
喬木第一小4年1組が阿島傘の絵付けに挑戦 豊丘北小 水引細工学習で伝統工芸に触れる
大阪の重機5人死傷、懲役7年 てんかんで危険運転罪を認定 : 京都新聞 原発汚染土保管の情報施設が開館 31日に、福島・大熊町 : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧