制服まとめ
食べて異文化交流 みなこいワールドフェスタ 歴史奏でるコンサート 平澤真希さん伊那市で
伊那バスの新山線廃止へ 利用者少なく 寶真亭の木村さんが知事賞 県調理師会コンク
諏訪地域4校1学級ずつ減 公立高校募集定員 新聞3社の記事比較 高遠中でNIE公開授業
お陣屋あんどん市 25年の歴史に幕 中川の木材をまきに活用 木の駅事業
伊那の森と人との関わり考える 来月イベント 小学生が英語スピーチ 初のコンテスト
カボチャランタン作ろう 諏訪地区P連 「みそ作り体験館」オープン ハナマルキ
食べて異文化交流 みなこいワールドフェスタ

講師のホセさん(中央)からメキシコ料理の作り方を習う参加者=21日、地球の料理教室(飯島町) 国際協力機構(JICA)駒ケ根青年海外協力隊訓練所がある駒ケ根市を中心に、伊南4市町村の住民が国際理解を深めるイベント「第25回みなこいワールドフェスタ」が20日から28日までの日程で始まった。21日には飯島町文化館で「地球の料理教室」があり、JICA駒ケ根の語学講師、ホセ・アヴィティアさん(60)が母国のメキシコ料理を参加者30人に指導。みんなで手作りした料理を食べながら中米文化の一端に触れた。 ホセさんはスペイン語講師の傍ら、11月8日には同市福岡にメキシコ料理店「ドンペペ」を開店させるほどの料理の腕前を持つ。教室ではトウモロコシなどを原料にした薄焼きパン「トルティーヤ」に味付けしたひき肉、刻んだ野菜、アボカドなどを載せた料理「トスタダス」を作った。 この日は親子連れや現在JICA駒ケ根で派遣前訓練を受ける隊員候補生らが参加。手際よく野菜を刻んだり、ひき肉を炒めて味付けし、料理を仕上げた。ホセさんは「ハラペーニョという辛いトウガラシや香辛料のクミンを効かせると、より本場の味に近くなる」とアドバイスした。 母親と参加した中川村中川東小学校4年生の山内花音さん(10)は「初めて食べる大人の味。料理に添えたトウモロコシのチップスがおいしかった」と異国の味に驚いた様子で、「お母さんと一緒にもう一度家で作って家族に食べてもらいたい」と話した。 同フェスタではJICA隊員をテーマにした映画「クロスロード」の上映会(24日午後7時、宮田村民会館)、協力隊活動を理解する「青年海外協力隊ヒストリー&ビールで乾杯!」(27日午後7時、同市こまがね市民活動支援センターぱとな)などを開く計画。最終日の28日には同市の中心市街地を歩行者天国にした国際交流イベント「こまがね国際広場」がある。問い合わせは実行委員会事務局(電話0265・83・2111)へ。
口裏合わせに隠ぺい…国会軽視に厳しい声 京都の与野党議員 : 京都新聞 社説:道徳の教科化 心の自由を縛らぬよう : 京都新聞
高島屋のおもてなし、中学生学ぶ ゆかりの地、滋賀・高島 : 京都新聞 幻の地名「だん野」情報求む 滋賀、信楽焼の起源可能性も : 京都新聞
秋宮リンクお待ちかね 今季の利用スタート
町唯一のスーパー閉店へ 高齢者「不便」「過疎進む」 : 京都新聞 小学校2校閉校、学びやと別れ 京都・福知山 : 京都新聞
警官射殺、容疑者確保の照会放置 滋賀県警対応を市長批判 : 京都新聞 2018年12月01日付
科学の甲子園ジュニア全国大会 清陵中生出場
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧