制服まとめ
部活の朝練完全廃止など紹介 学校働き方改革で研修会 : 京都新聞 生徒に「殺したろか」50代教諭暴言 学校休む生徒も : 京都新聞
社説 栗東市長3選 潜在力生かした市政を : 京都新聞 校舎から中2女子飛び降り、岡山 女性教諭に当たり両者けが : 京都新聞
弁護士懲戒、請求者に賠償命令 「人種差別」訴え勝訴 : 京都新聞 不祥事2校の私学助成金交付保留 日大と東京医大 : 京都新聞
全中学給食導入へ調理場起工 大津市、全国2番目規模に : 京都新聞 免震・制振、川金HDも改ざん 26都道府県の93物件 : 京都新聞
チョコ職人悲願の世界一へ 京都のシェフ、パリの本選に挑む : 京都新聞
琵琶湖の固有魚、いくつ言える? 14種をクリアファイルで紹介 : 京都新聞 コラム凡語:秋の宝探し : 京都新聞
部活の朝練完全廃止など紹介 学校働き方改革で研修会 : 京都新聞

 滋賀県教育委員会の「第2回学校における働き方改革研修会」が22日、大津市の県庁であり、市町教委の担当者や学校関係者ら約100人が、教育現場の働き方改革の現状について認識を深めた。

 県教委は今年1月、学校での働き方改革の取り組み方針を発表した。青木洋教育長は「方針を策定したら終わりというものではない。現状をどうするかという問題意識を持つ必要がある」とあいさつした。

 東近江市教委の安藤宜保教育審議員が登壇。改革に先進的な同市の教育現場は、週1回、午後6時退勤を目指していることや、部活動の朝の練習を完全廃止したことなどを成果として紹介した。保護者らから反対の声はないといい、「絵に描いた餅ではだめ。スピード感を持って実行しなければならない」と述べた。

 県内の小中高、特別支援学校の関係者が現場での取り組みについて話すパネル討論もあった。参加した志賀小(大津市)の高木悟校長は教員の働き方に対する意識改革について、「業務のルーティンを変えて『これでいいんだ』と自覚しないと意識は変わらない。一人一人の意識改革を待っているのは何もしないのと同じ」とし、組織として動くことの重要性を主張した。

73年前の空襲で投下、焼夷弾破片を初公開 京都「戦争を実感」 : 京都新聞 飯田職安が福祉の職場就職面接会開く
どんぐり向方学園の生徒らが茶摘み体験 東京実業高マーチングバンドと新野住民の交流会
生徒自殺で元担任ら不起訴、福井 中2、校舎から転落死 : 京都新聞 社説:子どもの貧困  支援の実効性高めたい : 京都新聞
飯田市でスローライフまちづくり全国都市会議 東中と下農生が交流会~りんご並木に花の彩りを
ロンドン五輪 カヌーの矢沢決勝9位、日本勢初の快挙 飯田東中生徒がりんご並木で剪定作業
ザ・ファイナル2011の出場者発表 橋南地区ウオークラリー大会、地元の新旧名所めぐる
子ども2900人安全確認できず 厚労省調査、未就園児童ら : 京都新聞 パトカーが追跡のオートバイ転倒、少年2人けが : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧