制服まとめ
1本丸ごとセロリが給食に 原小学校

原村産の朝取りセロリを笑顔で味わう原小4年生

原村原小学校で24日、セロリを1本丸ごと味わう給食があった。原村特産の新鮮なセロリに親しんでもらおうと、同校と原中学校で春と秋にある恒例給食。地元農家が届けた朝取りセロリを1人1本ずつ、みそマヨネーズで味わった。

セロリは地元農家でつくる「原っ子食材」メンバーが40株を届けた。外側の長いセロリは高学年に、内側の短く柔らかいセロリは低学年に振る舞われた。

4年2組(26人)では、児童たちが早速セロリにかじりつき、「春のときより大きい」「シャキシャキしている」と好評。田口友也君と日達香鈴さんは「みずみずしい」「筋がなく柔らかい」と笑顔だった。

栄養士の麦嶋さゆみさんは「原村の給食は野菜の産地として生野菜を出すのが特徴。新鮮な生セロリの味を丸ごと味わってほしい」と願っていた。