制服まとめ
八幡商店街でハロウィーンイベント 秋晴れの風越山で登山マラソン
クマに襲われ男性重傷 清内路の山中で 根羽小6年生が間伐作業見学 お父さんの職場を訪問 
生産者組合と園児がていざなすで交流給食 思い出に残る節目にバルーンリリース 清内路小50周年
阿智高校が学生向け体感授業開く JAXAの石井さんが天龍村で講演
「山で育てる」特色発信 売木村で教育フォーラム初開催 豊かな環境で子育てを 親子留学希望者が来村 根羽村
「汗の結晶輝く実」を収穫 飯田東中生がりんご並木で 下條図書館が貸出県内1位記念イベント
八幡商店街でハロウィーンイベント

高校生が企画したハロウィーンイベント(八幡駅前商店街)

 飯田市八幡町の八幡商店街で26日夜、飯田市の高校生と同商店街がハロウィーンイベントを開催し、松尾小学校の児童と保護者約60人が来場した。

 イベントは「商店街に明かりを!元気を!」を合言葉に、商店街の活性化に取り組む飯田OIDE長姫高校商業科の3年生8人が企画した。課題研究で街頭調査を松尾地区で行った生徒たちは、その中で八幡駅前の商店街について利用したことがない・知らないと答えた地元住民が多かったことから、知名度アップと活性化を目指した活動を展開している。

 この日は、事前に小学生と一緒に作ったキャンドル60個を商店街一帯に並べ、午後6時に一斉に点灯してイベントをスタート。子どもたちは商店街の店舗を1店ずつ訪れ、住民や仮装した高校生が出題するクイズに挑戦した。

 中には難易度の高い問題もあり、子どもたちはじっくりと考えながら回答。正解し、お菓子をプレゼントされると笑顔で受け取っていた。  イベントに協力した「シューズきたはら」の店主、北原清光さん(79)は「商店街は年々客離れが進み、店も減っている中、高校生の申し出は大変ありがたい。イベントを機会に商店街を知ってもらえれば」と期待を寄せた。

 生徒のリーダーの細井彩華さん(18)は「イベントへの参加を事前申込み制にしなかったので誰も来てくれないんじゃないかと不安もあったが、多くの人が参加してくれてうれしい」と笑顔。「子どもたちと商店街の人たちが触れ合う機会をつくることができた。さらに多くの人に商店街について知ってもらえるよう今後も活動を行っていく」と力を込めた。

  
子ども医療費助成、京都府内の市町村で差 少子化自治体は手厚く : 京都新聞 下市田学校で抹茶に楽しむ会 高森町
飯田線上伊那全線開通100年 花火打ち上げ 拉致問題で地村さんが講演、福井 家族高齢化「早く救出を」 : 京都新聞
生産者組合と園児がていざなすで交流給食
松川町3小学校6年生がミニ議会
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧