制服まとめ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 70歳のスイマー 世界記録に挑戦
さらなる飛躍で東京五輪へ 八日市と飛行場にスポット 企画展「戦時下の村と陸軍飛行場」
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 いと基地に遊びにおいで!ふしぎな「いと」でつながる場
2019輝け!期待のアスリート 新春インタビュー 西田竜王町長に聞く
明治の京都、つぶさに描く 黒田重太郎・鉛筆素描展 : 京都新聞
明治京都の風景を描いた黒田重太郎の鉛筆素描展(京都市東山区神宮道三条上ル・星野画廊)
明治京都の風景を描いた黒田重太郎の鉛筆素描展(京都市東山区神宮道三条上ル・星野画廊)

 近代関西洋画壇をリードした黒田重太郎(1887~1970年)の鉛筆素描展「京都、洛中洛外」が、京都市東山区の星野画廊で開かれている。25年前に見つかった素描群で、明治京都の景色や風俗、生活がつぶさに描かれた貴重な資料だ。まとめて公開されるのは初めて。約110年前の風景に、来場者が見入っている。

 大津市生まれの黒田は京の鹿子木孟郎の画塾に学び、2度の欧州留学を経て画壇の重鎮として活躍した。素描は鹿子木に入門した1904年、17歳ごろから3年間、計100点を公開している。

 民家の塀が並ぶ三条通や水車が回る白川村、合掌造り風の民家のある上賀茂村などを、鉛筆の線の連続と濃淡で表現する。農家の裏庭や花街の遊郭、川岸の樹木の情景もあり、町を歩く若い画家の息づかいが伝わる。「二条城畔」は、開校直後の府立第二高等女学校の生徒らしき姿も見え、移りゆく近代を記録している。

 画廊主の星野桂三さんは「腰をかがめて作業する農民の姿も多く、ミレーらバルビゾン派の影響が感じ取れる」という。31日まで。月休。無料。

近江八幡市成人式 813人が門出 廃校舎利用し、地域を元気に 九州で「サミット」設立 : 京都新聞
状況次第で今後も前次官授業調査 文科省、政務三役には事後報告 : 京都新聞
西堀榮三郎の功績偲ぶ 無線交信に挑戦
女子高生に無給で畑作業 口止めも、実習教諭を処分 : 京都新聞 日大教組、ネット署名募る 理事長辞任など要求 : 京都新聞
台風の京都府内負傷者42人 住宅被害は674軒 : 京都新聞 「県立学校にエアコン」滋賀県は冷ややか答弁 議会から要望に : 京都新聞
幕末出版の漢文聖書「すごく感動」 版元の香港関係者が来日 : 京都新聞 自民党の鴻池元防災相が引退へ 次期参院選に出馬せず : 京都新聞
明治期、日本画復興へ若手の歩み 「京都画壇」企画展 : 京都新聞 新人女性警官、次々お手柄 窃盗、詐欺など3件で活躍 : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧