制服まとめ
八ケ岳中央農業実践大学校 80周年式典 小学校必修化に向けプログラム教室 駒ケ根
学校給食甲子園決勝へ 長谷共同調理場の献立 ICT教育の公開授業 伊那市3小中学校
学校の防災教育考える 諏訪季節大学会講座 生態や対処クマ学ぶ 小学校でICT活用授業
手紙の良さ知って 小中学校などに年賀状寄贈 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
「学びの森」に 伊那西小が学校林整備へ 学校給食で利用拡大 酪農家のおもてなし牛乳
磐田市の特産物で給食 駒ケ根の小中学校 県内小中学校教職員 超過勤務が減少傾向
八ケ岳中央農業実践大学校 80周年式典

創立80周年記念式典であいさつする清水矩宏校長 原村の八ケ岳中央農業実践大学校の創立80周年記念式典は27日、茅野市のマリオローヤル会館で開かれた。同大学校や同窓会「暁天会」でつくる創立八十周年記念会が主催。卒業生や来賓、在校生など約200人が出席して節目を祝い、今後の発展に向けて思いを新たにした。 暁天会長で、記念会長を務める塩沢崇会長(74)=駒ケ根市=は「卒業生は全国各地や海外にまで進出し、地域の農業を担う指導者として活躍している。在校生の皆さんには伝統を 引き継ぎつつ新たな歴史を築いてほしい」と式辞を述べた。清水矩宏校長は八ケ岳フォーラムや農業技術アカデミーなど新たな試みに触れ「今後も一丸となって進んでいきたい」と意欲を見せた。 式典後は、全国や海外で農業経営に携わる卒業生5人による講演会が開かれた。 同大学校は公益財団法人農村更生協会(本部・東京)が運営。戦前、疲弊した農村経済の復興に当たる指導者の育成を目的に、旧農林省の政策として1938年に八ケ岳中央修練農場として開場。2012年から公益財団法人に移行した。1年制の研究科と2年制の専修科があり、野菜や花き、酪農、養鶏などのコースで約40人が学ぶ。これまでの卒業生は延べ3400人。
子どもいる家や車内は禁煙に 1日に都条例施行、罰則はなし : 京都新聞
空自学校教官を懲戒免職 同僚の机から現金窃盗疑い : 京都新聞
総合文化学科や介護専攻を新設 華頂短大 : 京都新聞
痴漢容疑で3等陸佐逮捕 被害女性の「降りなさい」に逃走 : 京都新聞 「うみのこ」就航遅れで教育長謝罪 滋賀・琵琶湖の新学習船 : 京都新聞
どうする?子どもの留守番デビュー 犯罪、火事…練習重ね : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧