制服まとめ
根羽小6年生が間伐作業見学 お父さんの職場を訪問  生産者組合と園児がていざなすで交流給食
思い出に残る節目にバルーンリリース 清内路小50周年 阿智高校が学生向け体感授業開く
JAXAの石井さんが天龍村で講演 「山で育てる」特色発信 売木村で教育フォーラム初開催
豊かな環境で子育てを 親子留学希望者が来村 根羽村 「汗の結晶輝く実」を収穫 飯田東中生がりんご並木で
下條図書館が貸出県内1位記念イベント 阿智中で元全日本選手がバレー部指導
飯田国道事務所が除雪出発式を開く 絵からイメージ膨らませ 竜東中生が春草の鑑賞学習 
根羽小6年生が間伐作業見学 お父さんの職場を訪問 

木の切り方を教わる根羽小6年生

 根羽村立根羽小学校6年生6人(担任・林裕介教諭)は、キャリア教育とふるさと学習を兼ねて、各児童の保護者の職場を訪問する学習を続けている。10月30日には、村内の山での間伐作業を体験した。

 これまでにガソリンスタンドや村役場、ゴルフ場などを訪問してきた児童ら。今回は6年生の永井美羽さんの父親で、村森林組合職員の永井大幸さんの職場を訪れた。

 池の平の作業場を訪れた子どもたちは、永井さんから作業の危険性や安全を確保するための注意事項を学ぶと山の中へ入り、間伐作業について学習。日が当たる森林にすることで木の生育が早まるほか、根の張りも良なり災害に強い森林になると聞いた。

 実際の伐採も見学し、木を切り倒したい方向に「受け口」を作り、反対側から「追い口」の切り込みを入れる伐採方法を教わった。続いて、子どもたちものこぎりで細い木を切り倒した。

 初めて間伐を体験した男子児童は「やったぞという気持ちになった。林業に興味が湧いた」と話した。永井さんは「村の中にどんな仕事があるのか知らない子どもも多い。将来村に戻って林業をやりたいと思ってもらえたらうれしい」と話していた。

  
森友改ざん、各地で抗議集会 「政治やる資格なし」 : 京都新聞
2018年9月23日付 女性管理職が過去最高に 京都府・市教職員異動 : 京都新聞
喬木中学校1年生が職場見学会を実施 京都学園大、7校と連携協定 19年度から「京都先端科学大」 : 京都新聞
伝統食をつないで 第12回学校給食フェア
検診生かして 富士見高でがん教育授業
牛の人工授精 高校生が挑戦
売木小で恒例のスケート開き、学校裏の田んぼリンク 第3日曜は「本を読む日」 諏訪市教委
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧