制服まとめ
「学びの森」に 伊那西小が学校林整備へ やってみる精神大切 上伊那移住×起業シンポ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 奨学金の返還支援 伊那市が4月から新制度
インフル注意報発令 県内全域 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日
根羽小6年生が間伐作業見学 お父さんの職場を訪問 

木の切り方を教わる根羽小6年生

 根羽村立根羽小学校6年生6人(担任・林裕介教諭)は、キャリア教育とふるさと学習を兼ねて、各児童の保護者の職場を訪問する学習を続けている。10月30日には、村内の山での間伐作業を体験した。

 これまでにガソリンスタンドや村役場、ゴルフ場などを訪問してきた児童ら。今回は6年生の永井美羽さんの父親で、村森林組合職員の永井大幸さんの職場を訪れた。

 池の平の作業場を訪れた子どもたちは、永井さんから作業の危険性や安全を確保するための注意事項を学ぶと山の中へ入り、間伐作業について学習。日が当たる森林にすることで木の生育が早まるほか、根の張りも良なり災害に強い森林になると聞いた。

 実際の伐採も見学し、木を切り倒したい方向に「受け口」を作り、反対側から「追い口」の切り込みを入れる伐採方法を教わった。続いて、子どもたちものこぎりで細い木を切り倒した。

 初めて間伐を体験した男子児童は「やったぞという気持ちになった。林業に興味が湧いた」と話した。永井さんは「村の中にどんな仕事があるのか知らない子どもも多い。将来村に戻って林業をやりたいと思ってもらえたらうれしい」と話していた。

喬木村小学5年生が市瀬村長から講演聞く 教育施設で違法ブロック塀なし 東近江市が緊急点検実施
ザ・ファイナル2017開催 県消防学校でちびっ子消防広場
県教委 県立高校の再編 よい異性より合う異性を! 応援塾と蒲生地区まち協
座光寺で麻績の里体験学校開く 「地域の林業を知ろう」和合小学校が間伐体験
新聞スリッパ作り防災考える 滋賀の小学校 : 京都新聞 市が「リニア中央新幹線が走るまち」全小中学校配布
ミシガン州の子どもたちから 新キャラ登場「近江うし丸」
来夏公開の映画「マザーレイク」 セクハラ棚上げ次官の辞任強行 退職金、異例の留保 : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧