制服まとめ
OIDE長姫高生徒が対空標示作成

対空標示を塗装する生徒ら

 飯田OIDE長姫高校社会基盤工学科の3年生7人が飯田市上郷別府の松川左岸で展開していた「対空標示」のペイント作業がこのほど終了し、天竜川との合流点から500メートル地点を指す「L0・5」の文字が市道上に現れた。

 県飯田建設事務所が進める就労促進事業「自分たちでつくろうプロジェクト」の一環。高校と県、県建設業協会飯田支部、県測量設計業協会南信支部が産学官連携で取り組んだ。

 生徒らは事前の測量で調べた500メートル地点を中心に、幅3メートル、長さ16メートルの範囲で文字を塗装。コンクリート上のほこりを吹き払った後、専用ローラーを使って白色やオレンジ色の水性塗料を塗りこみ、マスキングテープをはがして完成させた。

 生徒らは課題研究として取り組んでいて、今後は活動成果などをまとめる。

 写真は管理者の許可を得て、上空から小型機ドローンで撮影。災害時などに上空からの現場確認や目印などに活用されるという対空標示として機能していることが、上空からも分かった。

京都・舞鶴の海保学校生を再逮捕 女子高生にわいせつ疑い : 京都新聞
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧