制服まとめ
根羽村が新たな義務教育学校導入へ 危険なため池 ハザードマップ、県内3割のみ
地元の特産品を知る はちまんいっぱい汁 来月アイスキャンドル 城南小1年生が制作
茅野市台湾交流事業 新たに1校と姉妹校提携 松川町3小中学校でコスタリカ料理給食
転職希望者もOK!2月17日 合同就職面接会 「鳰の会」を講師に児童が俳句づくり
学校給食で利用拡大 酪農家のおもてなし牛乳 半世紀の足跡を俳画集に 小口俶さん刊行
音楽コンク日本一 箕輪中部小と箕輪中 ツリーハウスをCFで 飯島中1年1組が挑戦
JAXAの石井さんが天龍村で講演

金星とあかつきについて子どもたちに説明する石井さん

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究所の石井信明さん(59)が9日、村老人福祉センターで開いた天龍小・中学校のPTA講演会に講師として訪れた。石井さんの義母が村出身の縁で実現。石井さんは2015年に金星探査機「あかつき」の金星周回軌道投入までの挑戦について語り、児童や生徒、一般ら約60人が注意深く耳を傾けた。

 石井さんは地球と兄弟星とされ、地表温度が約460度もある金星について解説。「生まれたときは地球と同じだった灼熱の惑星は太古の地球なのか、未来の地球なのか」と子供たちに問い掛け、「地球も温暖化が進んでいるが、金星が地球の未来の姿ならば、我々は今から何かをしなければならない」と警鐘を鳴らした。

 また2010年に種子島宇宙センターから打ち上げられたあかつきは、金星の周回軌道に入る予定だったもののメインエンジンの故障で失敗し、さまざまな問題を解決して5年後の再挑戦で成功した。石井さんは「打ち上げから2026日掛かったが、再投入を試みたエンジンの噴射開始からの20分間、1秒1秒数えた時間のほうが長く感じた」と振り返った。

 最後に、石井さんが10歳、小学5年生のときの70年、日本初の人工衛星「おおすみ」の打ち上げが、宇宙やロケットを夢見るきっかけになったと語り、「敗北とはあきらめること。失敗しても敗北ではない」と子供たちにアドバイスした。

 5年生の児童(11)は「金星がとても暑いことに驚いた。知らない話を聞くことは面白い」と目を輝かせた。

  
学校生活の写真で巨大モザイク画 滋賀、8240枚使用 : 京都新聞 県下初、9冠達成 八幡商高の柴田さん
資機材搬入後の8月始動 北里防災センター完成 受験者12人増 定員40に112人 近江八幡市立看護専門学校
若々しいプレーで熱戦
全校園にエアコン設置 近江八幡市議会12月定例会 新型インフルエンザ感染拡大防止へ
警備や救難、訓練の成果披露 京都・海保学校で競技大会 : 京都新聞 満ちる“ありがとう”の思い
いいだ森林学校が猿庫一帯でウオーキング 広島市長、中3死亡重く受け止め 再発防止策も : 京都新聞
伝統食をつないで 第12回学校給食フェア 豪雨避難所変更周知不足で批判 京都市「本庁も知らなかった」 : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧