制服まとめ
阿智高校が学生向け体感授業開く

高校生が塾の様子を紹介

 阿智高校併設の公営学習塾「神坂学習塾」で10日、中学生向けの体験・体感授業が開かれた。阿智中学校と旭ケ丘中学校から3年生27人が訪れ、学習塾の概要を聞き実際に授業を体験した。

 同塾は「学習意欲のある生徒が力を伸ばせる環境を」と阿智村、平谷村、根羽村などでつくる学校協力会の支援により2013年に開設。4年制国公立大学合格者を輩出するなど、大学進学を力強くサポートしている。現在は74人の生徒が登録し、部活動などと両立させながら学習に励んでいる。

 体験授業は、中学生に進路選択に役立ててもらおうと毎年開催している。開講式で茶城啓二教頭は「バスの待ち時間などのすき間時間を自分の目標に向かってどうデザインするかが大切になる。大学進学を目指す生徒はぜひ活用してほしい」と呼び掛けた。

 塾の説明では同校2、3年生の3人が魅力を紹介。部活動などとの両立の様子や少人数できめ細かな指導を受けられること、大学合同ガイダンスへの参加などが刺激になることなどを紹介した。

 中学生は、国語、数学、英語の3科目から希望する2つの授業を30分ずつ体験。講師とのやりとりで実際の塾の雰囲気を感じた。

 参加した阿智中3年の女子生徒(15)は「学校に塾が併設されているのはとても便利。この高校に入ったらぜひ参加したい」と話していた。

上郷公民館改築で安全祈願祭
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧