制服まとめ
根羽村が新たな義務教育学校導入へ 危険なため池 ハザードマップ、県内3割のみ
地元の特産品を知る はちまんいっぱい汁 来月アイスキャンドル 城南小1年生が制作
茅野市台湾交流事業 新たに1校と姉妹校提携 松川町3小中学校でコスタリカ料理給食
転職希望者もOK!2月17日 合同就職面接会 「鳰の会」を講師に児童が俳句づくり
学校給食で利用拡大 酪農家のおもてなし牛乳 半世紀の足跡を俳画集に 小口俶さん刊行
音楽コンク日本一 箕輪中部小と箕輪中 ツリーハウスをCFで 飯島中1年1組が挑戦
阿智高校が学生向け体感授業開く

高校生が塾の様子を紹介

 阿智高校併設の公営学習塾「神坂学習塾」で10日、中学生向けの体験・体感授業が開かれた。阿智中学校と旭ケ丘中学校から3年生27人が訪れ、学習塾の概要を聞き実際に授業を体験した。

 同塾は「学習意欲のある生徒が力を伸ばせる環境を」と阿智村、平谷村、根羽村などでつくる学校協力会の支援により2013年に開設。4年制国公立大学合格者を輩出するなど、大学進学を力強くサポートしている。現在は74人の生徒が登録し、部活動などと両立させながら学習に励んでいる。

 体験授業は、中学生に進路選択に役立ててもらおうと毎年開催している。開講式で茶城啓二教頭は「バスの待ち時間などのすき間時間を自分の目標に向かってどうデザインするかが大切になる。大学進学を目指す生徒はぜひ活用してほしい」と呼び掛けた。

 塾の説明では同校2、3年生の3人が魅力を紹介。部活動などとの両立の様子や少人数できめ細かな指導を受けられること、大学合同ガイダンスへの参加などが刺激になることなどを紹介した。

 中学生は、国語、数学、英語の3科目から希望する2つの授業を30分ずつ体験。講師とのやりとりで実際の塾の雰囲気を感じた。

 参加した阿智中3年の女子生徒(15)は「学校に塾が併設されているのはとても便利。この高校に入ったらぜひ参加したい」と話していた。

  
新成人1217人の門出 松川中学校で郷土料理の調理実習
高3女子が自殺、熊本 いじめほのめかす遺書 : 京都新聞 社説:高齢者と免許 返納だけでない対策も : 京都新聞
非戦を誓い、世界平和を願う 東近江市平和祈念式典 松本京子さん拉致失踪から41年 「問題解決に支援を」 : 京都新聞
親子写生大会 最優秀に村野さん 五輪メダリスト・池谷幸雄さん「夢や目標をいつも心の中に」
小泉氏、柳瀬氏の説明を疑問視 都内で講演、「理解できない」 : 京都新聞 小学校教諭がウニ密漁 青森、セクハラ講師も減給処分 : 京都新聞
大津市木の岡ビオトープで「春の自然観察会」 【寄稿】竜王町長 西田 秀治
室戸台風では247人犠牲 京都・校舎倒壊の悲劇も : 京都新聞 手作り弁当への思い、作文募る 京都の小中学生対象 : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧