制服まとめ
根羽村が新たな義務教育学校導入へ 危険なため池 ハザードマップ、県内3割のみ
地元の特産品を知る はちまんいっぱい汁 来月アイスキャンドル 城南小1年生が制作
茅野市台湾交流事業 新たに1校と姉妹校提携 松川町3小中学校でコスタリカ料理給食
転職希望者もOK!2月17日 合同就職面接会 「鳰の会」を講師に児童が俳句づくり
学校給食で利用拡大 酪農家のおもてなし牛乳 半世紀の足跡を俳画集に 小口俶さん刊行
音楽コンク日本一 箕輪中部小と箕輪中 ツリーハウスをCFで 飯島中1年1組が挑戦
「山で育てる」特色発信 売木村で教育フォーラム初開催

小規模校の特色ある教育環境のあり方について意見交換した教育フォーラム・シンポジウム

 昨年度から学習塾「花まる学習会」(さいたま市)と提携して独自のモジュール学習を始めるなど、特色ある教育環境の構築を目指す売木村で10日、初となる「うるぎ教育フォーラム」が開かれた。「山で育てる~小さな村から大きな発信~」をテーマに、小中学校の公開授業やシンポジウムを通じ「山村だからこそできる教育」について議論を深めた。

 村制70周年、小中学校の併設70年の記念事業に位置付けた。山村留学が開設から36年を迎える中で、村教育委員会は村で子どもを育てることの有用性を提唱。「日本の教育の新しい形を模索する機会にしたい」と初めて企画した。

 小中学校のモジュール授業をはじめ、思考力、外国語、道徳などの授業を公開した後、村文化交流センターぶなの木でシンポジウムを開催。村内外から約80人が参加する中、大学学長や文部科学省、高校教諭などをパネリストに迎え「小規模校だからできる、自己肯定感を育てる教育」について意見交換した。

 小中学校でモジュール授業を見学したミュージカルプログラムの総合演出を手掛ける韓朱仙(ハンチュソン)さんは「テンポ良く声がそろい、一丸となれる雰囲気が伝わった」と評価する一方、「個性は出せるのか」と指摘。他のパネリストたちも「心の中にあることを自分の言葉で伝えることも大事」と、今後に期待を込めてアドバイスした。

 千葉敬愛短期大学の明石要一学長は「食べっぷり、遊びっぷり、付き合いっぷりが悪く、行動範囲が狭い。もっと多くの人と出会うことが大切」と個性の希薄さを懸念。村に通い始めて2年目になる花まる学習会講師の新井征太郎さんは「山村留学やIターン者が入ることで新しいコミュニティーが生まれている」と述べた。

 文科省初等中等教育局財務課の鈴木文孝課長補佐は「目的を自ら見出す、協働し合いながら折り合いをつける。この人工知能には不可能な力を身に付けてほしい」と呼び掛けた。

 会場に訪れた子育て中の母親から「頑張っても都会にはもっとすごい子がたくさんいると思うと、子どもを素直に褒めることができない」などの悩みを受け、神奈川県立川崎工科高校の小谷英次郎教諭は「それも深い愛情の一つ。叱っても良い。自己肯定感を育てるのは人の愛情」と助言した。

 清水秀樹村長は「強く元気な子どもが育つよう工夫を重ねる。小規模だからこそできる見守る環境を整えたい」と述べた。

  
首相、森友に「関与、忖度ない」 国有地、8億円値引き売却問題 : 京都新聞 「児童が1時間以上歩く」バス通学要望 滋賀の住民 : 京都新聞
倉敷の避難所に紙筒と布の仕切り 建築家の坂茂さんらが設置 : 京都新聞 少女にわいせつ中学教諭逮捕 保護者から届け出 : 京都新聞
勘違いで教員免許失効、失職 滋賀の小学校女性教諭 : 京都新聞 ようこそ東近江市へ ―玉緒レッドと交流― 福岡の「城少レッドスターズ」
移り住むなら湖北へ「田舎暮らしフェス」 【寄稿】滋賀県議会議員 高木 健三
高校3年生に選挙に関するアンケート 日本の政治「関心がない」54・2% 近江八幡市人事異動
地域研究レポート―蒲生野(第41号)― 芥川賞作家 高城氏の論文掲載 池之尻町の小林さん パティシェール日本一に挑戦
必佐小1年生と幼稚園児 お芋で交流深める 飯田西中が「キャリア教育優良学校」で表彰
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧